川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない/中島裕介

投稿日:

真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない
中島裕介
もしニーチェが短歌を詠んだら

効率のいい方法、近道。

検索すればいくらでも答えに辿り着けるようになって、打たれ強さを育む「必要な無駄」という土壌が枯れかかっているような気がする。教科書から拾い集めた言葉もいいけれど、挫折や失敗という経験を重ねた人だけが醸し出す独特の頼もしさのことは、どんな風に表現しようか。

「失敗するなよ」よりも「次に成功するためにはどうしたらいいと思う?」と問いかけられるような器、次第に、それが求められる年齢に近づいてきている。

哲学者ニーチェの思想考え方を短歌で表してみる試みが面白かった。作者の中島裕介さんは兵庫県の小野市出身。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly