川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記 雑記

旧事務所の大掃除と、火葬に向かった桜の葬列と。

投稿日:2014年1月30日 更新日:

旧事務所の大掃除。

slooProImg_20140131000206.jpg

slooProImg_20140131000205.jpg

彼らは今、それぞれに新しい命を授かり、その誕生に向けて仕事に家族のケアにと一生懸命頑張ってくれている。自分自身が働く父の背中を見て育ったので、彼らの働く姿も子どもたちに見てもらいたいというのは理想の一つ。新しい事務所の計画を立てたときから、子どもたちはどんな風にその姿を眺めるだろうとイメージを膨らませてきた。生き生きとお客さんと話す姿、ありがとうとありがとうを交換しあう商売の本来の姿。働くことの尊さを背中から感じ取ってくれたら、こんなに嬉しいことはない。

父の葬式を終えて、火葬へと向かう車列。わがままを言って、自分の会社の前を通ってもらったことを思い出した。「ここで働いてるねん、頑張ってるんやで。見守っておいてな」 ― さて、事務所を引っ越しても、父はこれまで通り僕を支え続けてくれるのだろうか。

「事務所移転したら、親父、わからなくなるかなぁ」
「大丈夫ですよ、どこにいても、きっと見てくれてますよ」

ほんの少し、寂しさを声に出したら、こんな風に答えてくれるメンバーがいる。僕は仲間と仲間の家族をちゃんと守れるよう、この新しい場所でも親父に誇れる商売を貫いていきたいと改めて思った。ありがとう。

Google

Google

-業務日記, 雑記
-

執筆者:

関連記事

no image

ひとつひとつに、繋がっていく。ひとりひとりの、見えてくる。

年間のジョギング走行距離を2000kmにするという2011年の目標は、年末に達成できた。ある大きな目標を立てて、そこから逆算される日々を積み上げていくことの大切さ・難しさを知った一年だった。人はサボる …

no image

口の周りにソースをつけてみよう。

「形から入るな」というのは正論だと思うし、そうすべきだと思うけれど、「形から入るのが好きなんですよ」と言える人のほうが可愛がってもらいやすいというのもまた事実。食事のマナーはきっちりすべきだけれど、マ …

no image

「一流でもないくせに相手を一流にしてみせますよ、なんてセミナーをやってしまう三流のための二流になれる営業セミナー」を開催したらどんな反応があるだろうか

「一流の営業マンになれるセミナーですよ、ぜひお越しください」という招待を受け取る僕は、つまり一流ではないわけで。しかしながら、本当の一流営業マンならば、万が一にも相手を(自分は一流ではないんだなぁ)な …

にしわき経度緯度地球科学館。

のんびり物思い。

明石市内の自動販売機限定。

タコ検定の告知。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly