川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]コーヒーの苦さ嬉しい時もあり/倉間しおり

投稿日:

コーヒーの苦さ嬉しい時もあり
倉間しおり
かぐや―川柳少女の十五の夜

倉間しおりさんは15歳で句集を出版された川柳界注目の少女。「ゼロという数字に目鼻書いてみる」「枯れ枝は何を求めて手を空へ」「ひとりでは月に帰れぬかぐや姫」と感性豊かに世界を表現するかと思えば、「眠れないのをコーヒーのせいにする」「手始めにどこを攻めようパフェの城」など、少女から大人へと駆けていく踊り場の情景を瑞々しく伝えてくれたりする。透明なようでいて秘めるものがある、大人たちがみんな通ってきた道を照らす17文字。

いつまでも子どもでいたいような気もしたし、いつまでも子ども扱いされたくないような気もした。隣町まで自転車で行った冒険が大人になった最初だったかもしれないし、通学定期券で景色をびゅんと飛ばし始めた頃がそうだったのかもしれない。ひとつひとつが曖昧になっていく大人を重ねて、遠くなってしまう制服のころの自分がいても、世界に限界を決めなかったことだけはちゃんと覚えてる。

コーヒーを飲み干して吐いた息の蒼、むかしむかしの自分は想像もしなかった色をしてるね。

Google

Google

-川柳鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

[川柳鑑賞]千の風まだ群れにいていいですか/長島敏子

千の風まだ群れにいていいですか 長島敏子 夕映え 「あっち」と「こっち」はどれくらい離れているのだろう。 子どもの頃は怖くて仕方のなかったあっち側も、僕を知った、僕の知った、たくさんの命たちが集ってい …

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

no image

[川柳鑑賞]掬われるチャンスを待っている金魚/和泉香

掬われるチャンスを待っている金魚 和泉香 私信花吹雪 投資の世界に「ゼロサム」という言葉がある。誰かが得をした分だけ誰かが損をして、合計するとゼロになるという意味。 日常にも色々な喜怒哀楽があって、君 …

[川柳鑑賞]遠い日の転がって来るラムネ玉/長浜美籠

遠い日の転がって来るラムネ玉 長浜美籠 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 回顧する夏の日を象徴するのはラムネ瓶。舌に触れるビー玉を押し戻して汗になった分を補給した、あの駄菓子屋はもう、小奇麗な民家になってし …

no image

【川柳鑑賞】オーダーをしてからメニューまだ見てる   杉山 ひさゆき

つまり庶民って奴です。 だから、背伸びしなくっていいのです。平凡です。 幸せです。 ===  【鑑賞】オーダーをしてからメニューまだ見てる   杉山 ひさゆき     ふあうすと2007年09月号   …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly