川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]コーヒーの苦さ嬉しい時もあり/倉間しおり

投稿日:

コーヒーの苦さ嬉しい時もあり
倉間しおり
かぐや―川柳少女の十五の夜

倉間しおりさんは15歳で句集を出版された川柳界注目の少女。「ゼロという数字に目鼻書いてみる」「枯れ枝は何を求めて手を空へ」「ひとりでは月に帰れぬかぐや姫」と感性豊かに世界を表現するかと思えば、「眠れないのをコーヒーのせいにする」「手始めにどこを攻めようパフェの城」など、少女から大人へと駆けていく踊り場の情景を瑞々しく伝えてくれたりする。透明なようでいて秘めるものがある、大人たちがみんな通ってきた道を照らす17文字。

いつまでも子どもでいたいような気もしたし、いつまでも子ども扱いされたくないような気もした。隣町まで自転車で行った冒険が大人になった最初だったかもしれないし、通学定期券で景色をびゅんと飛ばし始めた頃がそうだったのかもしれない。ひとつひとつが曖昧になっていく大人を重ねて、遠くなってしまう制服のころの自分がいても、世界に限界を決めなかったことだけはちゃんと覚えてる。

コーヒーを飲み干して吐いた息の蒼、むかしむかしの自分は想像もしなかった色をしてるね。

Google

Google

-川柳鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

[川柳鑑賞]大好きな海が何にも喋らない/赤松ますみ

大好きな海が何にも喋らない 赤松ますみ 川柳作家全集赤松ますみ 「ええやん、もう。気にすんなって、そういうこともあるって。大丈夫やって、な。次があるって、な」と、夕暮れを越えて月に逢えるまで、海は優し …

no image

【川柳鑑賞】掌に掬った港船が出る   河? 誠太郎

小さな港町。  掌におさまるほどの景色、繰り返されるのはきっと同じ営み。これまでも、これからも、ずっと、ずっと。 高台から見渡す日常。  「こんなのも、いいな」、と、作者、ひとり。 船はいつもの音をた …

[川柳鑑賞]遠い日の転がって来るラムネ玉/長浜美籠

遠い日の転がって来るラムネ玉 長浜美籠 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 回顧する夏の日を象徴するのはラムネ瓶。舌に触れるビー玉を押し戻して汗になった分を補給した、あの駄菓子屋はもう、小奇麗な民家になってし …

no image

お盆と終戦記念日が重なったのは歴史の偶然

夕暮れにヒグラシの気配を感じて調べてみたが、お盆と終戦の日が重なったのは偶然らしい。こんなにも物悲しい景色が全て同じ日にあるというのも不思議なことだ。 セミは動物としての本能だけで夏の終わりを感じてい …

no image

【川柳鑑賞】空青い哀しいまでに白い鳥    河? 誠太郎

小僧さんから寄せていただいた川柳を、鑑賞させていただきました。 ===  空青い哀しいまでに白い鳥  街の川金魚一匹彷徨って 青と白のコントラスト、街の川を悠々と泳ぐ赤。 ほんとうは、そこに「広さ」と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly