川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

踊り場を抜ける失敗

投稿日:

トラブル対応で京都まで。

アクセルに疲れてしばし休息。渋滞のないままにやって来ることが出来たのが不幸中の幸い。

商売だから利益も大事なんだろうけれど、それはあくまで結果として残るもの。商売だからこそ、約束に生きなくてはならないのだろうと思う。

反省は、次のどんな行動に反映させていくか。失敗こそが学びであるのだとすれば、いまはきっと、踊り場を抜けようとしているところ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

眠る10分前のドアを開いて。

眠る直前の10分間は言葉の充電。 好きな句集や詩集など、さらっと読み流しては心地のいい眠りを期待することにしている。 勢い、この時間帯に川柳や、伝えたいフレーズも生まれやすい。 生産性を伴うなにかの作 …

神戸市立小磯記念美術館。

絵を見てもよくわかりませんが、絵に添えられた「解説」が言葉の勉強になります。初見学、いってきます。

no image

明石の夕日がパンダになる瞬間 ~夕焼けパンダと谷川俊太郎さんの見上げた空と

読売新聞で紹介されていた夕焼けパンダの画像。ヤッターマンに出てくるドクロに見えなくもないけど^^; (画像リンク先は読売新聞) 「夕焼けパンダ」1年に数日だけ…ネットで話題 : 社会 : YOMIUR …

バグ取りに丸一日以上。

たった一つの『改行』が、プログラムの動作をおかしくしていました。見つけるまで丸一日以上かかった。 今夜は眠れそうです。

no image

父の胸にもっと酸素をください。

朝日を迎える頃、少しだけほっとした。 夜中、鳴り出す電話をイメージして、胸の鼓動が高鳴る。悪い想像なんてしなければいいのに、病院からの「万が一」を伝える声がそこからやってくるようで、落ち着かない。 父 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly