川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

踊り場を抜ける失敗

投稿日:

トラブル対応で京都まで。

アクセルに疲れてしばし休息。渋滞のないままにやって来ることが出来たのが不幸中の幸い。

商売だから利益も大事なんだろうけれど、それはあくまで結果として残るもの。商売だからこそ、約束に生きなくてはならないのだろうと思う。

反省は、次のどんな行動に反映させていくか。失敗こそが学びであるのだとすれば、いまはきっと、踊り場を抜けようとしているところ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

人の集まる場所で、エネルギーをもらいに。

明け方4時半まで電話してくる人は誰だ(笑) こういうノリは嫌いじゃないです、熱くて楽しい。同じような視点で物事を見ているんだなぁ、と、わかると、人間って、深く繋がることができますね。 お疲れ様でした。 …

海を渡るタコ。

勝敗を予想出来なくても、目的地へ、毎日海を渡っています。 おらが街、明石のタコフェリー。 今年の夏は、ビアクルーズなんてイベントもやっていますよ。 涼風に吹かれて、気持ちのいい時間なんて如何ですか。 …

きみを想うのは、僕ひとりではなかった。

主人の帰りを待つ茶トラ。 山から降りてくるタヌキたちにもエサをあげているんだそうです。 みんな、みんな、祈りながら待っています。それぞれの場所で、当たり前の顔で。

見栄を張る引っ越し。

中身は本です。トロフィーなんざ一つも入っちゃいません。 ま、気分だけでも。

NとLの野球帽 - 2012

タイトルはCHAGE&ASKAさんの楽曲から。通りがかった工場の景色が、ちょうど歌詞の世界を想起させた。 朝の通勤列車に向かう人の列。決意や疲労に満ちた表情たちを眺めては、誰かの、誰かのため …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly