川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像

投稿日:

あるイベントの打ち上げで、テレビ番組でも活躍されている女性タレントさんたちと飲みに行ったことがある。

場を和ませるトークは無論、食べ過ぎない程度にバランスよく食事を摂ってプロポーションを維持しようとする意識はさすがだなぁと思った。

「食べなければ空気を乱しますし、食べ過ぎれば夢を壊しますから」

職業の向こう側に抱く、僕たちの想像

美を生業とする人は美しくいなければならない。健康を生業とする人も勿論そうだ。「SEOをいかがですか?」と営業の電話をしてくる業者はSEOで集客に努めるべきで、差別化やブランディング、マーケティングといった概念については、それを売る人間よりも実践している人にこそ価値がある。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

こうして考えると、僕たちは、その職業に対して「当たり前」や「違和感」という基準があって、次に付加価値を見つけようとしているのだと気付く。

昨今の起業ブームのなかでは、この一次予選ともいえる「消費者の基準」が軽んじられ、ふわっとしたところを先に立たせようとする傾向が強いように思うのは考え過ぎだろうか。

SNSで発する人柄や想いはとても大切。ただ、お客さんは、掃除の行き届いた入口に好感を抱き、店の中を想像するものだ。その期待や想像を裏切らない商売の本質は見失ってはならないと思う。

ところで。

「今回の原稿、誤字が多かったですけど大丈夫ですか?」という返信が届いた僕は、本質を忘れかけていることを自覚しなければならないのである。反省。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

朝から警察とケンカ。

免許証を失くしてしまったかもしれず、警察に電話。 その「事務的な対応」と、「タメ口」に腹が立って、延々と怒鳴りながら説教たれてしまった。 公務員のアホっぷりには、ほんとに疲れる。

26歳で明石市議会選挙に立とうとする君へ。

土曜日朝、明石市を横断する片道ジョギング(帰りは山陽電車)。 駅名でいうところの、大蔵谷駅から西二見駅まで。これくらいの距離なら、もう、比較的楽に走れるようになってきた。 道中、次の明石市議会議員選挙 …

no image

元気あればこそ、そのペース配分と取捨選択と。

文芸のコンクールは秋に行われることが多くて、僕たち柳人や歌人は、夏の間に訪れる締切に順番に作品を応募していくようになっている。 ブログを書くことやコンクールに応募することは「そんなことをしている余裕が …

宴前。

すでに4杯目。

川になった道路。

よく降ります。道路が川になってます。 不謹慎ですが、こういう非日常にはワクワクしてしまいます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly