川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像

投稿日:

あるイベントの打ち上げで、テレビ番組でも活躍されている女性タレントさんたちと飲みに行ったことがある。

場を和ませるトークは無論、食べ過ぎない程度にバランスよく食事を摂ってプロポーションを維持しようとする意識はさすがだなぁと思った。

「食べなければ空気を乱しますし、食べ過ぎれば夢を壊しますから」

職業の向こう側に抱く、僕たちの想像

美を生業とする人は美しくいなければならない。健康を生業とする人も勿論そうだ。「SEOをいかがですか?」と営業の電話をしてくる業者はSEOで集客に努めるべきで、差別化やブランディング、マーケティングといった概念については、それを売る人間よりも実践している人にこそ価値がある。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

こうして考えると、僕たちは、その職業に対して「当たり前」や「違和感」という基準があって、次に付加価値を見つけようとしているのだと気付く。

昨今の起業ブームのなかでは、この一次予選ともいえる「消費者の基準」が軽んじられ、ふわっとしたところを先に立たせようとする傾向が強いように思うのは考え過ぎだろうか。

SNSで発する人柄や想いはとても大切。ただ、お客さんは、掃除の行き届いた入口に好感を抱き、店の中を想像するものだ。その期待や想像を裏切らない商売の本質は見失ってはならないと思う。

ところで。

「今回の原稿、誤字が多かったですけど大丈夫ですか?」という返信が届いた僕は、本質を忘れかけていることを自覚しなければならないのである。反省。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

お姉さんに貰ったそのオニギリで。

先日、コンビニのおねーさんに明太子のおにぎりを4つ貰った。きっとそれは皆さんもご承知の通り。 そしてそれを、こっそり、独り占めしたのもまた。 で、その続編といいますか。 いや、足首のあたりに見慣れない …

no image

上沼恵美子と松浦あや。

似てるよね?

no image

書きすぎない文字と文字の間に。

同友会青年部の沼さんに教えてもらって発注していた南壽あさ子さんのLandscapeというCDが届いた。ご本人の奏でられるピアノと透き通る歌声が心をほぐしてくれる。世の中には色々な自己表現があって、なか …

no image

曲が先か、詞が先か、写真が先か、用を足すのが先か

スケールの大きな僕という人間に対する、挑戦なんだろうと思う。 pic.twitter.com/BPvbtyIGhW — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月22日 作 …

今年は、今年も。

尼崎市文芸祭の結果通知。今年は『準佳作』で選んでいただきました。 一昨年は準佳作。去年は佳作。 なかなか上に行けません(汗) でも、地元明石の文芸祭は全然ダメなことを考えれば上出来…ですよね。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly