川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像

投稿日:

あるイベントの打ち上げで、テレビ番組でも活躍されている女性タレントさんたちと飲みに行ったことがある。

場を和ませるトークは無論、食べ過ぎない程度にバランスよく食事を摂ってプロポーションを維持しようとする意識はさすがだなぁと思った。

「食べなければ空気を乱しますし、食べ過ぎれば夢を壊しますから」

職業の向こう側に抱く、僕たちの想像

美を生業とする人は美しくいなければならない。健康を生業とする人も勿論そうだ。「SEOをいかがですか?」と営業の電話をしてくる業者はSEOで集客に努めるべきで、差別化やブランディング、マーケティングといった概念については、それを売る人間よりも実践している人にこそ価値がある。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

こうして考えると、僕たちは、その職業に対して「当たり前」や「違和感」という基準があって、次に付加価値を見つけようとしているのだと気付く。

昨今の起業ブームのなかでは、この一次予選ともいえる「消費者の基準」が軽んじられ、ふわっとしたところを先に立たせようとする傾向が強いように思うのは考え過ぎだろうか。

SNSで発する人柄や想いはとても大切。ただ、お客さんは、掃除の行き届いた入口に好感を抱き、店の中を想像するものだ。その期待や想像を裏切らない商売の本質は見失ってはならないと思う。

ところで。

「今回の原稿、誤字が多かったですけど大丈夫ですか?」という返信が届いた僕は、本質を忘れかけていることを自覚しなければならないのである。反省。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】幸せになれたか 割れた貯金箱   ばた

納得、じゃ、ないよね。 忘れないでいて。迷いを恐れずにいた 勇気を抱いたあの頃の 見上げては 頷いていた 三段跳びの 未来の空のことを。 僕は君は まだ 同じ道の上にいるのだから。 ===   【掲載 …

ほとけには桜の花をたてまつれ我が後の世を人とぶらはば

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいたく恋ひめやも ほとけには桜の花をたてまつれ我が後の世を人とぶらはば 昔の人も、今の僕たちも、未来の誰かも、 …

伝わることばに出逢うまで。

雨だと、いい感じに「家で寝ていよう」と思えるもの。 土曜日は、ひたすら昼寝をしていました。朝起きて、ごそごそ遊んで、その後また、夕方まで爆睡。 夜は焼酎に呼ばれて過ごす時間。 いい休日になりました。 …

no image

温もりのある言葉たちに感謝、感謝。

皆様から、色々と心温まるメールやコメントを頂いております。返信が遅くなってしまい申し訳ありません。 >ENさん 「余命」って、嫌な言葉ですよね。 自分の命なのに、統計の中で、その長さを決められてしまう …

深夜の救急病院。

弟が昨日から入院中。あまり慣れたくはないけど慣れてしまった複雑さ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly