川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

端っこ、端正、極端、端ちゃん、端雅、端厳、端号、端子

投稿日:

「端っこ」という言葉を聞くたびに複雑な気持ちになる理由は僕の名前である西端に「端」という字が含まれているからで、「端正」という言葉を聞くと妙に誇らしい気持ちにもなる。日本で最も西端にある与那国島には親近感を抱いているし、偏りのある話をしては「極端だなぁ」と言わせてみてほくそ笑んでみたりもする。

いつか与那国島を訪れて「日本の最西端に西端がやってきた」と書いてみたい気もするし、南鳥島で同じことをすると混乱させてしまうのだろうかと想像を膨らませることもある。

我端不了と中国語で書けば「持つことが出来ない」という意味になるし、我端面来と書けば「うどんを持ってくる」という意味になる。

端という字の意味の多さに僕たち「端をこよなく愛する会」のメンバーは、様々な感情を抱き続けているのである。もちろんそんな会、実在するわけがないんだけれど。

ところで、ところで。

「端」という字はよくこんな風に間違えられることがある、正しくは「立つ」が左にいるのでご注意を。ついでに言えば僕の名前は西端康孝であって康考ではない。

嗚呼。

なんて、こんなくだらないこともたまには書いてみれば「端を開く」ことになるのではないかと思ったりするようでは、僕はまだまだ主役に遠い、ほんの「端役」なんだろうきっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

秋に誘われ、心の涙を止めたい夜は。

「動機」「陰の季節」「クライマーズ・ハイ」と読破。 貪るように本を読むことに没頭しています。横山秀夫さんは、上手に「人の陰」を書かれる方だなぁ、と。 すぐ背後から「これはお前のことだよ」と、そう囁かれ …

no image

空っぽを満たしてくれる今日に。

帰宅して、そのまま床で寝ていた。 目が覚めて、深夜3時前。少しだけこれを書いて、ちゃんと寝なおさないと。 新家完司さんの句集「平成二十年」届く。 川柳マガジン誌上で連載されている「理論と実践」が大変わ …

自分たちの限界を決めないで空に触れようとする姿に

先日、高砂で撮影したもう一枚。 柵の高さは人間の都合、自分たちの限界を決めないで空に触れようとする精いっぱいに強いエネルギーを感じた。 限界が訪れる前に無理をしないでおくのも一つだし、限界が来てから休 …

夏祭り、夜店、たこ焼き、りんご飴。

夏祭り、夜店、たこ焼き、りんご飴。 夏を得意にはなれないけれど、あの雰囲気は大好き。いくつになっても自分のなかに少年が住んでいることを自覚できるのは嬉しい。僕はまだ、あの賑わいのなかでビールやお酒を飲 …

焼けてますので、食べてくださいね → いま、いちばん美味しいタイミングですよ。

前川企画印刷メンバーとその家族によるバーベキュー大会開催。 H氏宅に14時過ぎに集合。解散は23時過ぎと、大変盛り上がりました&食べまくりました。 もちろん、「どんな言葉遣いをすれば、参加した人が気兼 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly