川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

過ぎてしまえば、夏は切ない。過ぎる前には、夏は重たい。

投稿日:

見上げれば梅雨の空、見通しは台風の襲来。

それでもセミは待ちきれず、もう、明石公園で夏の始まりを告げていた。

真っ暗な土の世界にいて、我慢強くエネルギーを蓄えてる。いくつかの季節を数えて、身体が夏の空に呼応する日を待っている。

「頃合いだ」

を、誤らない、その神秘には毎年驚かされるばかり。先頭を切った彼に、仲間たちはいつ続くのだろう。

過ぎてしまえば、夏は切ない。
過ぎる前には、夏は重たい。

夏を謳歌する鳴き声、決めるのは自分の心。悲しくて泣くのも、嬉しくて泣くのも。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

川柳ふあうすと。

うちの会社で毎月制作、印刷させていただいています。 連休明け、明日8日からは6月号の制作に取り掛かります。

句会参加中。

ふあうすと11月本社句会。 さて、本日の結果はいかに。

電信柱に捨てられた生首(残酷!)。

何なんでしょかいったい!?

no image

ロースとヒレと31歳。

いつまで経っても、どっちがどっちだか覚えられなくて。 「ロース」と「ヒレ」では、「ロース」がお好みらしいですから、僕と一緒にとんかつを食べに行くことがあるかもしれない方は、ちゃんと覚えておいてあげてく …

明石市民のおやつ、堂島ロール。

魚の棚の喫茶店にて。 本物なのかな?柔らかくて美味しいです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly