川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

過ぎてしまえば、夏は切ない。過ぎる前には、夏は重たい。

投稿日:

見上げれば梅雨の空、見通しは台風の襲来。

それでもセミは待ちきれず、もう、明石公園で夏の始まりを告げていた。

真っ暗な土の世界にいて、我慢強くエネルギーを蓄えてる。いくつかの季節を数えて、身体が夏の空に呼応する日を待っている。

「頃合いだ」

を、誤らない、その神秘には毎年驚かされるばかり。先頭を切った彼に、仲間たちはいつ続くのだろう。

過ぎてしまえば、夏は切ない。
過ぎる前には、夏は重たい。

夏を謳歌する鳴き声、決めるのは自分の心。悲しくて泣くのも、嬉しくて泣くのも。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

さすがコピーライター。

ゲームで漢字のお勉強。

no image

Facebookにたえて会話のなかりせば春の心はのどけからまし

Facebook。 Aさんは友だち、Bさんも友だち。だけど、AさんとBさんが「いいね」をしあったりコメントをやりあっているのを表示しないようにする設定があれば、春の心はのどけからまし。そんな設定方法は …

詩歌の世界の「わかる」「わからない」の話 ~五行歌への挑戦

川柳や短歌はもちろん、詩歌の世界では「わかる」「わからない」の話になることが多い。 どういう情景や心情を伝えようとしているのかわからない、いや、わかる。わかるが、わかりすぎてただの説明になってしまって …

兵庫県立フラワーセンター。

法要を終えて加西市まで。 太陽と緑に、うんと背伸びをしてみましょう。忌明け、区切りのスタートに。

天才の描く『ふくろう』。

美術はいつも『2』でした。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly