川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

7月危機がやってきた、ピンチはチャンスの裏返し

投稿日:2014年7月18日 更新日:

経営者になって10年目のスタート、7月。毎年大きなトラブルは7月に起こっているような気がする。今年はどうだろうと思っていたら、やっぱり今年もずどーーーんと来た。重たい。

[短歌]あなたなら大丈夫って言われてはそれ相応の仮面の出番 | 短歌と川柳とマカロニと

これまでは一度も赤字にすることなくなんとかやってこれたけれど、今回のこれは経営基盤を揺るがす出来事で、早急に対策を立てなければ行き詰まってしまう。最悪の事態を想定して最善の努力をするというのがいかにも神経質な僕のやり方、そんな僕でもこの事態がこの夏にやってくるとは想像もしていなかった。

そして精神的な余裕がなくなると、次のミスを誘発する。悪循環。

7月はイベント3つに労働保険の手続き、そして決算処理とイレギュラーな出来事が連続している。緊張が連続していると案外ミスはしないものだけれど、(もうすぐ本番でようやく解放される)という油断は、やっぱり僕に新しい課題を突きつけてくるらしい。

物事は表裏一体。ピンチはチャンスの裏返しだと思えば、今できることがあるはず。「これをやるぞ」と伝えていて、なかなか動き出していなかったことの数値目標と日付を定める。もう言い訳は許さない、許されない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

いつもどおり、当たり前の。

あーちゃんは落ち着いていて、いつもと同じような過ごし方。 もう、歩けないのかな、というほど弱っていた足腰も、今はすっかり快復したようでちょこちょこと、歩き回っている。 ご飯もたくさんたべて、水もたくさ …

優しい空。

ゆっくりと、一日の終わりへと向かっています。

no image

この人の下で働きたいと思う、そんな社長はほんとに少なくて。

言いっぱなしの上司って嫌いだったから、自分が何かを指導するときは、必ずそれを控えて、 自分はちゃんと出来ているのか自問自答する。人を育てるなんて簡単に言う社長が多いけれど、 自分の背中は、自分が思うほ …

no image

明石レッドソルジャーズをご存知ですか。

朝、パン屋さんに出かけた以外はひきこもりで仕事。 面倒だからシャワーも浴びないで過ごしたら、実に香ばしい匂い。すっかり加齢臭の32才。 大人になりました。 ASKA CONCERT TOUR 2009 …

恐るべきフィットの平均燃費。

経済走行を心掛けたら、めちゃくちゃ伸びますね。貧乏人なので助かります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly