川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

突然社長が死んでしまうことを想定した中小企業の組織論 ~出来ることをやらない覚悟

投稿日:2014年8月24日 更新日:

僕が小学生だった頃に父が発症して、医師からは「生きている人間の数値ではない」と言われたことを覚えている。眠れなくて布団をかぶると「死んで柩のなかに閉じ込められるのはこういう感覚なんだろうか」と思って苦しくなったこともあった。リーダーである家長に異変が起こって、途端に、僕たち家族全員の生活に変化が訪れたのは幼少の僕を抉る強烈な体験であったと言える。

そんな僕が経営者になっていつも意識していることは自分が突然死んでしまうことである。お客さんに喜んでいただくために仕事をすることは勿論であっても、自分が存在しなくなってその喜びを継続できないのは無責任なのではないか。自分を継承した人はその人の色でやってくれたらいい、ただ、既存のお客さんに対しては「現状+その人の色」であってほしい。では、現状、お客さんに選ばれている僕たちの色は何なのだろう。評価されているポイントは何なのだろう。そんなことをいつも考えながら、社内での意思統一と方向性を定める話し合いをするように意識している。「前川企画印刷らしさ」という言葉を多用するようになったのは、ここ数年の傾向だ。

中小企業は社長そのものが会社の看板ではあるというけれど

中小企業は社長そのものが会社の看板であるとよく言われるけれど、それは卵をひとつのカゴに盛るようなリスクのあることだと思っている。

自分の色を消して自分たちの色を出したい。そのために、あえて、自分で出来ることでもやらないようにしている。自分がやってしまえば1日で出来ることでも、与えて、待ってみる。任せた以上は失敗も許容する。「ほうれんそう」は、自分たちが失敗をしたときに上司の責任にするために行うものだという話もよくしている。だから動けばいい、途中経過をちゃんと伝えてどんどん動けばいい。失敗を財産だと思ってほしい。結果、そうやって人が強くなっていく土壌が自分たちの会社らしさだと考えてほしい。いつもそれを願っている。

チームの生産性向上を阻害する要因の一つに、「仕事の属人化」があります。これは「この仕事はあの人にしかできない」というような、ある仕事が特定の人物に強く依存してしまう状況をさします。

引用元:サイボウズ式:「自分でやったほうが早い」は、チームを滅ぼす――上手な仕事の任せ方 (1/2) – 誠 Biz.ID

失敗を前提とした土俵を与えることは上司の仕事の一つ。「お客さんに迷惑をかけるなよ」という想いはあっても、人のすることだ、何らかのミスでご迷惑をおかけしてしまう可能性は常にある。ならば大事なことはお客さんに迷惑をかけないために細心の注意を払いつつ、いざご迷惑をおかけすることになったとしても一度は許してもらえるだけの信頼の貯金を積み上げていく道を教示することなのかな、という風に考えている。

人は完璧じゃない。任せたことについては、僕は怒らない。叱ると怒るの違いは、どんな感情で沸騰しているときでも区別するようにしている。僕も何度も失敗をして、許されて、今ここにいる。ならば、同じだけの許容をしていかなければ、あまりにも虫が良すぎるというものだ。僕だってそれくらい、迷惑をかけたし、失敗も繰り返してきた。

人に仕事を任せるのは、手間ひまかかって面倒なものですが、チームの経験値を上げることにつながります。自分だけでやらずに「人に任せる」のは、チームの未来への投資ともいえるのです。

引用元:サイボウズ式:「自分でやったほうが早い」は、チームを滅ぼす――上手な仕事の任せ方 (2/2) – 誠 Biz.ID

ただし、失敗は許容するけれど、失敗に向かっていこうとしない消極性と先延ばしには言及をする。言われたことだけをするのは作業で、言われた以上の想像をして動くのが仕事。仕事をしないこと、失敗に向かわないことは自分の成長のチャンスを放棄しているのと同義だ。自分が伸びずして、お客さんやお客さんのお客さんの満足に貢献できるはずがない。これも毎日のように伝え続けて、「自分たちらしさ」が溢れ出るような意識を浸透させたいと願っている。

企業は人なり。任せることは、未来への種を蒔くこと。リーダーがあえて動かないという辛抱が光と水になるのだということを肝に銘じて、見守っていきたいと思う。

Google

Google

-業務日記
-

執筆者:

関連記事

no image

阪神百貨店のデパ地下における試食コーナー、店員さんとお客さんのコミュニケーション ~葛根湯以上恋人未満

しばらく冷蔵庫に保管しておいた葛根湯を振らずに飲むと、最後にどろっとしたものが残ってしまう。どろっとした部分に薬効の主成分が残っていそうで、水分の失われた瓶を片手に飲もうかどうかを躊躇するけれど、僕に …

商売とは選ばれること。差別化とはアウトプットを継続すること。クレーム処理で片づけないこと。

商売とは売ることではなく、選ばれるための心を磨いてそれを継続していくことだと思っている。 商売は、他を蔑んで自己を高めるのではなく、インプットを積んで、アウトプットを重ねて、共感していただいたお客さん …

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

想像して、創造する。そして、伝えるための言葉を選る。

それを贈りたいと思ったお客様が、そのまた向こうの誰かにどんな風に渡したいかと想像し、贈られた方はどんな風にそれを飾りたいと思うのか、想像する。ここは分析や手法の出番ではないよね。僕はそんな風にして、お …

表現力を磨くために大切な想像力 ~上から目線の言葉と、共感の生まれる言葉と

「言葉はいつまでも、一つの母国である。魂の連帯を信じないものたちにとっても、言葉によるつながりだけは、どうかして信じられないものだろうか?」と言ったのは寺山修司(ポケットに名言を/角川文庫)。 信念に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly