川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

差別化を見せようとするよりも、差別化されたポイントに気付いてもらえるだろうというくらいの寝技のほうが

投稿日:

パワーに自信があるのなら、相手の立ち技に自分も立ち技で挑めば良い。ただ、戦い方の美学にこだわるのか勝敗の結果に重きを置きたいのか、それによって戦略は変わる。柔よく剛を制すという言葉にもある通り、力みを抜いて相手の力を利用してみる。あるいは寝技に持ち込んでみる。すると相手は、立ったままの姿勢で攻撃を仕掛けてこようとするから、ますます浮き足立っていく。どちらの側に余裕があるように見えるかは言わずもがなだ。

他を蔑んでまで、自分たちの地位を相対的に押し上げようという考え方は好みません。

引用元:他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 | コトバノ

自分の地位を保全しようとしたり、相対的に押し上げようとする。そのとき、劣るものを見つければ自分の承認欲求を満たすことはできる。ただ、自分という人間は、いくら「見せよう」としても「見られる」ものであることを忘れてはならない

論理的に伝えようとするとき「雰囲気のいい会社はこうで、悪い会社はこんな風だ」と書く必要はあるか。「仕事のできる人はこうで、できない人はあんな風だ」と書いてしまう必要があるか。

引用元:好対照なふたつを伝えるとき、自分の価値を下げないために使うべきではない言葉 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

知識や技術に自信は持っても他所と比べて自分はこんなに優れていると思ってしまえば傲慢そのもの。

「あのお店の料理はまずいけど、うちのお店はこんなに美味しいですよ」と言ってしまうくらいならば「あのお店の接客、とても素敵なんです。うちもそれに負けないようにしなと」と謙虚に受け入れる姿勢を出してみてはどうか。差別化を見せようとするよりも、差別化されたポイントに気付いてもらえるだろうというくらいの寝技のほうが、周囲は付き合いやすいのではないかな、と思う。

Google

Google

-業務日記
-

執筆者:

関連記事

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

すごい人の共通点 ~踏みとどまって「ありがとう」や「まだまだ」を伝えられるか

「すごい」という言葉には「恐ろしいほどすぐれている」や「程度がはなはだしい」「常識では考えられないほどの能力をもっている」というような意味がある。 「すごい」単体では何が優れているのかわからないけれど …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly