川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画 雑記

泣けた!思い出した!平均の数字で見る日本のクルマの一生の動画がとても良かった!

投稿日:

「ご主人さまたちのおかげでぼくはすてきな一生をおくることができました。ありがとう」

平均の数字で見る日本のクルマの一生の動画。クルマがクルマの立場になって人との関わりを数字で説明するもんだから、泣けてしまった。

最初は中古のマーチ、次に乗ったのがキューブ、そして今のフィットへと乗り換えてきた。それぞれに思い出、あちこちへ行った。何年も口をきいていなかった弟と会話ができたのは「我が家に車がやってきた」からだし、雨粒の大好きな僕はキューブのサンルーフからいつまでも空を眺め続けていた。経営者であることがしんどくて、このままどこかへ逃げてしまいたいと思ったときには、ライブ会場になったフィットの中でCHAGE&ASKAを熱唱しつづけた。「運ぶ」以外の色々なものを与えてくれる、僕とクルマとの関わりは深いものだったんだなとこの動画を眺めていて強く強く思った。

クルマがどうして動くのか、実は未だによくわかっちゃいない。多分、世間一般の人たちが思うよりもはるかに低いレベルでしか僕はクルマに興味を持たないし、理解しようともしない。でも、それでも、僕が商売をしていくうえで、生きていくうえで、もう、欠かすことのできない大切な相棒であることには違いない。

「そっか、そんなに洗ってもらってるんだね」
「洗ってあげてないよなぁ」

観ている途中、思わずそんな風に声が出てしまった。大切な存在に、僕はそれくらいのこともしてあげられていない。

忘れかけていたとても大切なことを教えてもらった気がする。モノが無機質なのではなくて、モノを無機質だと思ってしまう自分がいる。子どものころはそうではなかったというならば、そんな風に思わせてしまう澱んだ空気はどの隙間から僕を支配していくのだろう。大切にしなくてはいけないもの、それはきっと、当たり前の棚のなかに、諦めの顔をして背中を向けているね。

Google

Google

-動画, 雑記

執筆者:

関連記事

首に肩に腰に。

自宅に持ち帰って、まだまだ入力作業中。 甲子園の球児ばりに、全身冷やしながら仕事しています。一級入魂、全力投球!

ねむたさの中で。

更新とメールの返信が完全に滞っております。いかんせん、時間的&精神的余裕がなく、どうかご理解いただきたく。 携帯のメールでやりとりするような、「ライトな内容」であれば、できるだけ早くお返事するようにし …

高級車を乗り回すような社長にはなりたくない。

フィットの燃費、高速を使わない場合の新記録。 下道だけで、20km/l近く。早くもボディは傷だらけになっているのに、足回りは快調。 足首が痛くなるような、微妙な角度をキープすることが経済走行のコツ。 …

no image

僕を優しくすることは、誰かに優しくなること

コンクリートの森を見上げると羊たち。 ひとの気持ちを優しくしてくれる景色は街にも必ず訪れて、たぶん、僕たちは気付かないままに毎日を浪費している。見上げてばかりいても置いていかれてしまうのだろうけれど、 …

no image

手術室に持ち込んだ楽器は僕の。

高校時代、吹奏楽部。 口の中を手術したことがありました。  マウスピースという楽器の一部を握りしめながら、必ず楽器が元通り吹けるようになりますようにと、祈りながら。 あの頃の僕は、ただ、部活動が楽しく …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly