川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

投稿日:

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた
中畑智江
同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)

「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」

ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「そんなことかー、だったら俺なんてこんなことあったよ。あるって、そういうもんだって。気にしない気にしない」。吐き出して軽くなるはずだった耳と背には、本来聞く必要のなかった不幸と武勇伝がずしんと詰まって重たくなる。(欲しいのは言葉じゃなかったんだけどな)と、その選択を後悔して帰り道、ため息だけが空気を汚していく。

聞いたり、考えたり、迷ったり、言葉たち。優しくても、染みないときはある。いっそ遮断して見上げた空は、理屈なく澄んでいて軽く、芯までを抜ける。脱ぐように捨てた、その先に得るもの。

高さと広がりと前向きと。
背負ったまんまでは見えない、から、見えるように、吹くように。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

no image

[短歌鑑賞]あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり/今上天皇(平成)

あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり 今上天皇(平成) 天皇陛下:水俣など訪問地を題材に短歌 天皇陛下は全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会にちなむ歌を詠まれ、毎年、その …

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly