川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

投稿日:

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた
中畑智江
同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)

「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」

ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「そんなことかー、だったら俺なんてこんなことあったよ。あるって、そういうもんだって。気にしない気にしない」。吐き出して軽くなるはずだった耳と背には、本来聞く必要のなかった不幸と武勇伝がずしんと詰まって重たくなる。(欲しいのは言葉じゃなかったんだけどな)と、その選択を後悔して帰り道、ため息だけが空気を汚していく。

聞いたり、考えたり、迷ったり、言葉たち。優しくても、染みないときはある。いっそ遮断して見上げた空は、理屈なく澄んでいて軽く、芯までを抜ける。脱ぐように捨てた、その先に得るもの。

高さと広がりと前向きと。
背負ったまんまでは見えない、から、見えるように、吹くように。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない/中島裕介

真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない 中島裕介 もしニーチェが短歌を詠んだら 効率のいい方法、近道。 検索すればいくらでも答えに辿り着けるようになって、打たれ強さを育む「必要な無駄」と …

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり 中村偕子 変わらない空 泣きながら、笑いながら 東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も …

[短歌鑑賞]Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる/天道なお

Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる 天道なお(twitter/blog) NR 何年も通った校舎の前にいて、もう同じように帰ることはできないことを思って苦しくなる、こんなに。 賑 …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

[短歌鑑賞]だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々/笹井宏之

だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々 笹井宏之 てんとろり 放課後や夏休みは永遠に続くように思われた。幾つもの夢を語り合って、世界は僕たちの手のひらをコロコロとした。悔し涙も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly