川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

投稿日:

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた
中畑智江
同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)

「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」

ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「そんなことかー、だったら俺なんてこんなことあったよ。あるって、そういうもんだって。気にしない気にしない」。吐き出して軽くなるはずだった耳と背には、本来聞く必要のなかった不幸と武勇伝がずしんと詰まって重たくなる。(欲しいのは言葉じゃなかったんだけどな)と、その選択を後悔して帰り道、ため息だけが空気を汚していく。

聞いたり、考えたり、迷ったり、言葉たち。優しくても、染みないときはある。いっそ遮断して見上げた空は、理屈なく澄んでいて軽く、芯までを抜ける。脱ぐように捨てた、その先に得るもの。

高さと広がりと前向きと。
背負ったまんまでは見えない、から、見えるように、吹くように。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

no image

[短歌鑑賞]知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう/吉田恭大

知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう 吉田恭大 短歌研究 2013年11月号 スタートラインは同じだった同級生たちも、今は方向も速度もそれぞれで、その場所から見える景色を教えてほし …

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly