川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

投稿日:

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり
松村正直(blog)
午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書)

空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビールの泡、店の喧騒と会社員ならではの上下の人間関係までもが見えてくる。四半期という言葉が生々しく、束の間の休息を過ごす戦士たちの安堵を自分の体験と重ねて想像する。「ランチ」でも「ご褒美」でもない、網の上を行き交う会話と汗と。

付き合わされるのも面倒な気がしたけれど、立場が変われば、そんな機会を設けてやりたいとも思う。タイミングや頻度も難しくて、狙うのは「たまにはいいね」と思われる程度の絶妙。「またか」と思われても意味がない。案外、こうして、ワンマンなようでいて、色々をすり減らしているのも本当のところ。他人同士だけれど他人同士ではないような空気をつくる必要性、泡や網だけでそれが実現するとも思わないけれど、何にもないってのも寂しいじゃない。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly