川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

投稿日:

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり
松村正直(blog)
午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書)

空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビールの泡、店の喧騒と会社員ならではの上下の人間関係までもが見えてくる。四半期という言葉が生々しく、束の間の休息を過ごす戦士たちの安堵を自分の体験と重ねて想像する。「ランチ」でも「ご褒美」でもない、網の上を行き交う会話と汗と。

付き合わされるのも面倒な気がしたけれど、立場が変われば、そんな機会を設けてやりたいとも思う。タイミングや頻度も難しくて、狙うのは「たまにはいいね」と思われる程度の絶妙。「またか」と思われても意味がない。案外、こうして、ワンマンなようでいて、色々をすり減らしているのも本当のところ。他人同士だけれど他人同士ではないような空気をつくる必要性、泡や網だけでそれが実現するとも思わないけれど、何にもないってのも寂しいじゃない。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております/笹井宏之

わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております 笹井宏之 ひとさらい 昨日歩いた道のどこかで見かけたタンポポの数を僕たちは覚えているわけはなく、それでも、タンポポが咲いていたという事実だけは思い出す …

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり 中村偕子 変わらない空 泣きながら、笑いながら 東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も …

no image

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる 笹井宏之 えーえんとくちから 理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly