川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

投稿日:

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり
松村正直(blog)
午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書)

空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビールの泡、店の喧騒と会社員ならではの上下の人間関係までもが見えてくる。四半期という言葉が生々しく、束の間の休息を過ごす戦士たちの安堵を自分の体験と重ねて想像する。「ランチ」でも「ご褒美」でもない、網の上を行き交う会話と汗と。

付き合わされるのも面倒な気がしたけれど、立場が変われば、そんな機会を設けてやりたいとも思う。タイミングや頻度も難しくて、狙うのは「たまにはいいね」と思われる程度の絶妙。「またか」と思われても意味がない。案外、こうして、ワンマンなようでいて、色々をすり減らしているのも本当のところ。他人同士だけれど他人同士ではないような空気をつくる必要性、泡や網だけでそれが実現するとも思わないけれど、何にもないってのも寂しいじゃない。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

[短歌鑑賞]ならべるとひどいことばにみえてくる頑張れ笑え負けるな生きろ/岡野大嗣

Amazonでサイレンと犀を購入すると、特典に安福望さんのポストカードがついてきた。安福望さんはこの本の装画と挿し絵を描いている方で、神戸の西の方、多分きっと明石に近いところに住んでいると思われる。 …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly