川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

言葉や音符を増やしていきたいと思う、月末の、少し息苦しい風のなか

投稿日:

新幹線の車窓から眺めるそれぞれの生活を想像するのが大好きだ。

自分の住む町よりも都会であれば、どんな便利と娯楽が身近にあるのだろう。自分の住む町よりも田舎であれば、この環境がそこに住む人たちの心身にどんな影響を与えるのだろう。そんなことを流れる景色を眺めながら考えている。都会だ田舎だ便利だ不便だ、なんてものも偏見の基準によるものだけれど、それぞれの時間軸と生活様式を想うだけで自分の心が豊かになったような気にさえなる。想像という自由、いろんなひとが生きている。

iPhoneの地図アプリのなかで、旅に出かけていく。5分あれば海を渡ることもできるし、興味深い地名を見つけては歴史を想像することもできる。正しいかどうかではなくて、こんなことがあったのかもしれないと思う感覚が楽しい。ときどき、正解は、溢れる想像の流れを止めてしまうことがある。答えを求めないでいるとき、訪れたことのない隣町へ自転車で向かった幼少のころの高揚と重なるのが良い。

[川柳]ペンと空 詩人は鳥になりたがる | 短歌と川柳とマカロニと

想像のたび、創造してる。そうやって生まれる言葉や音符をもっと増やしたいと思いながら、いつもと同じ、月末の、少し息苦しい風のなかを過ごす。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

鹿児島の市電は草が生えている!

芝生ですね。街が優しい、鹿児島中央駅付近。

no image

投げ返しやすい位置に投げるのがキャッチボールなのではないかと

昔、野球のオリンピック代表に選ばれた方とキャッチボールをしたことがある。 僕が何処へ投げても、上手に受け止めてくれて、また、僕が投げ返しやすい位置にボールを返してくれた。それだけで、僕はずいぶん野球が …

no image

駅メロ風にアレンジ演奏した明石音頭が、いつか本当に採用される日が来るのかどうか

夏祭りの時季だからか、「明石音頭」で検索して上位に表示されるこの記事へのアクセスが急増している。 明石の夏祭りといえば、この明石音頭が定番だった。僕たちは小学校のグラウンドに集まって、この音頭に合わせ …

久々の特選。

川柳マガジン、笑いのある川柳。

姫路、お菓子のリードさんにて大人買いもー度発動中。

夢の国ですぢゃ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly