川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

神戸のコピーライターの仕事 〜ライディングのコツは制約を作ること

投稿日:2014年11月3日 更新日:

週末は経理や制作といったデスクワーク中心の仕事をしていることが多い。制作といっても文字入力や企画書作成、コピーライティングと行うことは多岐に渡る。

すでにイメージがあって、それに合うコピーを考えることもあればコンセプトの立案から行うこともある。使う脳みそは前者が直感的で後者は論理的。お客さんのお客さんには届くかなと思う案も、あいだに入るお客さんの組織形態によっては「鶴の一声」で方向性が変わってしまうこともある。A案B案C案のそれぞれを並べて、賛同と懸念、そしてその先の反応を想像して週明けのプレゼンに臨む。無難という既視感、斬新という挑戦。万人に評価されるものは世の中に存在しない

川柳や短歌を詠むときと同じく、コピーライティングを行うときも何らかの制約があったほうが捗りやすい。

たとえば字数、たとえば行数、使わなければいけない単語、これまでにすでに使われたコピー。「自由にやってくれていいですよ」と言われたときは、自由のなかに生まれた言葉の背景を説明する必要があるし、説明に時間を要するときほど先方とのズレを感じてしまうことが多い。コピーというアイデアを示す前に、こんなコンセプトで立案を行うというプロセスを挟む。そうすると無駄が生じにくい。コンセプトというのは一言でいえば「制約をつける」ということ。自分を縛る行為によって、相手からの期待と想像が拡散してしまうことを防ぐ。

コピーライディングを採り入れると、お客さんからの反応が変わるし、自分たちが見られる立場になるという意識の変化もあって社内の雰囲気が改善されるというメリットがある。お客さんと一緒に考え、会社の物にしていくというプロセスを体感して喜んでもらえるのは、コピーライター冥利に尽きるというものである。

言葉の相談、表現力の相談。業務としてあまり大きく宣伝はしていないが、ブログを読んで何かを感じてくださった方からの依頼と紹介が増え続けている。継続はいつも追い風を運んでくれて、旗に気付いてくださった方々に感謝するばかり。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

no image

大きなミスが与えてくれるもの

仕事で大きなミスをした。お客様にご迷惑をおかけした。 ミスはあるものだと思ってる。だから、ミスをした過去形について怒ることはしない。大切なことは、ここをドン底と決めて最悪の中から最良を選んでいくこと。 …

ミシン目との戦いに経営者の孤独を想う

毎年この時期は呟いている気がする。 被保険者報酬月額算定基礎届総括表附表、被保険者報酬月額算定基礎届総括表、被保険者報酬月額算定基礎届、被保険者賞与支払届総括表、被保険者賞与支払届、労働保険概算増加概 …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly