川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

神戸のコピーライターの仕事 〜ライディングのコツは制約を作ること

投稿日:2014年11月3日 更新日:

週末は経理や制作といったデスクワーク中心の仕事をしていることが多い。制作といっても文字入力や企画書作成、コピーライティングと行うことは多岐に渡る。

すでにイメージがあって、それに合うコピーを考えることもあればコンセプトの立案から行うこともある。使う脳みそは前者が直感的で後者は論理的。お客さんのお客さんには届くかなと思う案も、あいだに入るお客さんの組織形態によっては「鶴の一声」で方向性が変わってしまうこともある。A案B案C案のそれぞれを並べて、賛同と懸念、そしてその先の反応を想像して週明けのプレゼンに臨む。無難という既視感、斬新という挑戦。万人に評価されるものは世の中に存在しない

川柳や短歌を詠むときと同じく、コピーライティングを行うときも何らかの制約があったほうが捗りやすい。

たとえば字数、たとえば行数、使わなければいけない単語、これまでにすでに使われたコピー。「自由にやってくれていいですよ」と言われたときは、自由のなかに生まれた言葉の背景を説明する必要があるし、説明に時間を要するときほど先方とのズレを感じてしまうことが多い。コピーというアイデアを示す前に、こんなコンセプトで立案を行うというプロセスを挟む。そうすると無駄が生じにくい。コンセプトというのは一言でいえば「制約をつける」ということ。自分を縛る行為によって、相手からの期待と想像が拡散してしまうことを防ぐ。

コピーライディングを採り入れると、お客さんからの反応が変わるし、自分たちが見られる立場になるという意識の変化もあって社内の雰囲気が改善されるというメリットがある。お客さんと一緒に考え、会社の物にしていくというプロセスを体感して喜んでもらえるのは、コピーライター冥利に尽きるというものである。

言葉の相談、表現力の相談。業務としてあまり大きく宣伝はしていないが、ブログを読んで何かを感じてくださった方からの依頼と紹介が増え続けている。継続はいつも追い風を運んでくれて、旗に気付いてくださった方々に感謝するばかり。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

残る言葉のひとつひとつに。

その昔、ピアノ発表会にて。 クラシックばかりが続いたのでは聴いている方もつまらないだろうと、当時jazzやpop musicをレッスンで選択していた自分は、「CHAGE&ASKAメドレー」を …

no image

組織として築き上げていくために。

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。 お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までにカリキュラムを組んで提供していく予 …

no image

自社のホームページやブログをモバイルフレンドリーアップデートに対応させる方法

神戸の印刷会社、前川企画印刷のホームページをモバイルフレンドリーアップデートに対応させた。 Google は全世界でモバイル フレンドリー アップデートを開始します。これにより、モバイル版の検索結果で …

[動画]ブタさんの甘え方に学ぶ「わからないことをわからないと言える人」の強み

ブタさんの「くれくれ」動画。 口の動き方に愛嬌があって、思わずこちらも緩んでしまう。笑顔だったり頼み方だったり、心にすっと入ってくる術を持っている人(動物)は魅力的だ。 起業の相談を受けることが多い。 …

強くなれない組織に、巣を蹴飛ばすような真似をした

7月に撮影したツバメの巣。親鳥は注意深く、だけど何度も繰り返しひな鳥たちにエサを運んでいた。 動物の世界では、今後の成長が見込めなくなると育児を放棄してしまうということがあるらしい。子のために一生懸命 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly