川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売に政治のスタンスは持ち込まない ~他山の石以て玉を攻おさむべし

投稿日:2014年11月6日 更新日:

ネット上のとある論争。経済論の一つとしては正論だと思うけれど、起業論にしてしまうのはヒステリックな気がする。

あなたと私は違うという妬みの感情と分けて議論ができればいいのかもしれない。もっと言えば、デフレの象徴となる企業の台頭の時にはその恩恵を受け入れ、競合となり得る身近な存在ならば叩くというのは違う。極端に言ってしまえば、スーパーの半額シールに喜び、断捨離と言っては不要なものを買わないように努める。それだって正当な利益を阻害している要因の一つだ。もしもそれを起業や企業としての論にしたいのであれば「最近野菜が高いよね」なんて話はしてはならない。商売人としては「ここ最近野菜が高いけれど、この金額で購入することで農家の人たちが助かるんだね」という思想が必要になる。

そういうものだし、言って変化するものでもないだろうし、ならば、商売人は己の商品を磨くことに注力する。商売に政治のスタンスは持ち込まない。正論だとは思うから、否定はしないし、引用もしない。他山の石以て玉を攻おさむべし。僕はそこに鏡が置いてあるのだと思った。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会

「絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会」を社内で実施。こういうことって反面教師にして考えたほうが、経営者じゃない側には分かりやすいと思う。 6月末が決算。ここまで、何が出来て …

西端、iPhoneアプリになりました。格好良いプロモーション動画も作ってもらいました。

見上げるカメラ、膝を曲げるカメラ。 生きている毎日に景色は溶けていて、ほとんどは空気になってしまうひとつひとつに、言葉を添えて作品にしてみる。そんな取り組みをずっと続けてきたものが、iPhoneのアプ …

no image

今日もたくさんのありがとうを言える一日でした。

顧問税理士である川口さん(須磨区)と食事に行ってきました。 帳簿を見ては一喜一憂…。そんな経営者にとって、税理士は、自分の経営判断が正しいかどうかを客観的に評価してくれる頼もしくも怖い(?)存在なので …

no image

話をしながら、瞳をのぞく。理解はどうか、熱は伝わったか、未来を見たか、自ら動くか。

これから決算書を作っていく必要はあるものの、会社として、ひとつの期を終えることが出来た。生き残ることが出来た。そして七月一日。経営者として10年目となる新しい一年が始まる。 SWOT分析なんて言葉があ …

どんな経験も相手にとって分かりやすい言葉で伝えられてこそ

会社をやり始めて間もない頃、財務諸表の意味をひとに説明するつもりで書いて理解に努めた。どんなことでもそうなのだろうが、教えるつもりで作業をすると記憶に残りやすい。こういう初心を忘れたくないなぁと、今で …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly