川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売に政治のスタンスは持ち込まない ~他山の石以て玉を攻おさむべし

投稿日:2014年11月6日 更新日:

ネット上のとある論争。経済論の一つとしては正論だと思うけれど、起業論にしてしまうのはヒステリックな気がする。

あなたと私は違うという妬みの感情と分けて議論ができればいいのかもしれない。もっと言えば、デフレの象徴となる企業の台頭の時にはその恩恵を受け入れ、競合となり得る身近な存在ならば叩くというのは違う。極端に言ってしまえば、スーパーの半額シールに喜び、断捨離と言っては不要なものを買わないように努める。それだって正当な利益を阻害している要因の一つだ。もしもそれを起業や企業としての論にしたいのであれば「最近野菜が高いよね」なんて話はしてはならない。商売人としては「ここ最近野菜が高いけれど、この金額で購入することで農家の人たちが助かるんだね」という思想が必要になる。

そういうものだし、言って変化するものでもないだろうし、ならば、商売人は己の商品を磨くことに注力する。商売に政治のスタンスは持ち込まない。正論だとは思うから、否定はしないし、引用もしない。他山の石以て玉を攻おさむべし。僕はそこに鏡が置いてあるのだと思った。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうか

「あっちの会では仕事にならなかったでしょう?でも、こっちの会では仕事につながるんです。入会しませんか、おススメしますよ」という勧誘が、僕の大切なお客さんのところに相次いでいる。似たような話を十件以上聞 …

ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること

先日ブランディングに関する講演をしてほしいと依頼を受けた。 ブランドや企業の価値なんてものはお客様が決めるものだと思っているし、意図して創り出そうとする虚像は打算的で下心が見え隠れする。芯を決めて誠実 …

no image

語尾に「い」をつけてみる。

初対面の相手には、どうしても警戒心が働いてしまって上手にコミュニケーションを取れないことがある。 そういうときは、(実際に声に出さないでもいいので)  語尾に「い」をつけてみる 「はじめまして、お世話 …

no image

2行で伝える季節と景色。

雨で蒸して、太陽には焦がされる。暑い毎日が続いていて、気持ちのいい風が待ち遠しいところ。 今年もそろそろかな、と思っていたら、「ぼちぼち」でした。 暑中見舞いの制作のご依頼。 大阪のある料理店様から。 …

no image

卑怯の影を見ているような気もする ~郷に入っては郷に従えの「郷」はどこまで

郷に入っては郷に従え ―― その郷とはどこからどこまでのことを言うのか。また、郷の中にいる人たちは「停滞感に新しい風を吹かせてほしい」とも言う。このあたりの考え方はとても難しい。真に受けて失敗してしま …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly