川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

神戸のコピーライターの仕事 〜ライディングのコツは制約を作ること

投稿日:2014年11月3日 更新日:

週末は経理や制作といったデスクワーク中心の仕事をしていることが多い。制作といっても文字入力や企画書作成、コピーライティングと行うことは多岐に渡る。

すでにイメージがあって、それに合うコピーを考えることもあればコンセプトの立案から行うこともある。使う脳みそは前者が直感的で後者は論理的。お客さんのお客さんには届くかなと思う案も、あいだに入るお客さんの組織形態によっては「鶴の一声」で方向性が変わってしまうこともある。A案B案C案のそれぞれを並べて、賛同と懸念、そしてその先の反応を想像して週明けのプレゼンに臨む。無難という既視感、斬新という挑戦。万人に評価されるものは世の中に存在しない

川柳や短歌を詠むときと同じく、コピーライティングを行うときも何らかの制約があったほうが捗りやすい。

たとえば字数、たとえば行数、使わなければいけない単語、これまでにすでに使われたコピー。「自由にやってくれていいですよ」と言われたときは、自由のなかに生まれた言葉の背景を説明する必要があるし、説明に時間を要するときほど先方とのズレを感じてしまうことが多い。コピーというアイデアを示す前に、こんなコンセプトで立案を行うというプロセスを挟む。そうすると無駄が生じにくい。コンセプトというのは一言でいえば「制約をつける」ということ。自分を縛る行為によって、相手からの期待と想像が拡散してしまうことを防ぐ。

コピーライディングを採り入れると、お客さんからの反応が変わるし、自分たちが見られる立場になるという意識の変化もあって社内の雰囲気が改善されるというメリットがある。お客さんと一緒に考え、会社の物にしていくというプロセスを体感して喜んでもらえるのは、コピーライター冥利に尽きるというものである。

言葉の相談、表現力の相談。業務としてあまり大きく宣伝はしていないが、ブログを読んで何かを感じてくださった方からの依頼と紹介が増え続けている。継続はいつも追い風を運んでくれて、旗に気付いてくださった方々に感謝するばかり。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

kabuka

経済から読み解く仮説の立て方、コストパフォーマンスの高い生き方、相対的な金銭価値の捉え方

2018年1月9日の日経平均の終値が2万3849円99銭でした。これは1991年11月以来、26年ぶりの高値水準だそうです。道理で、一時期は4分の1程度にまで落ち込み、20年近くにわたって塩漬けにして …

no image

クライアントという言葉を「お客さん」と言い換える効果

零細企業や小さなお店の方を対象とした講演会。コンサルの方の話を聞いた人のひと言が全てだなぁと感じた。「カタカナばかりで、病名かと思いました」 ▼ 「クライアント」という言葉を使えば、途端に「してやって …

no image

そとの人間が作用することで、そとに向けて発信するものを面白く作るだけではなく、なかの雰囲気を変えることにも貢献したい

明石公園を一周して、どの桜が開いているかを観察する朝の習慣。今年は2本、もう、待ちきれず、空に薄紅を浮かべている。同じ場所にいて、慌てて咲いてしまう子たちは、他の子たちと何が違うのだろうと想像するのが …

no image

「頑張っている」をアピールするのが発信ではない、伝えたいことを相手の価値に変換することが発信なのです

コトバノをSSL化してみた。 簡単にいえば、情報のやりとりを暗号化してしまうので機密が守られますよーという技術のこと。SSLに対応していないサイトはこれから、検索結果でも不利な取り扱いがされることにな …

no image

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。 会社に戻って入力開始。事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。 どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。 どなたがお越しになるのかわ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)