川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

スターバックスのメニューで見つけた唯一の日本語とお冷やのタイミングと

投稿日:

スターバックスのメニューを眺めていて気付いたのは「抹茶」以外は全てカタカナであるということ。カフェは洗練された人が行くところというイメージがあって、どうにも得意になれない。僕の注文の仕方は「一番大きなサイズの氷がガチャガチャと入ってる白っぽい奴」である。覚えられない名称よりも形状でわかり合う心と心。

喫茶店の「お冷や」は、すぐにコーヒーを飲み干してしまう僕にとって砂漠のオアシスだ。

空になったグラスに水を注いでくれる、そのタイミングにも意味がある。飲み干してすぐに注がれると「ずっとこっちを見ていたのかな」「早く帰らないとまずいかな」という気持ちになってしまうが、空になってしばらくしてからであればそんな風には感じない。サービスというのはマニュアル通りにやるのではなく、人の気持ちを想像しながら行うことで心が通ったことになる。回転率を上げるのも大切だが、リピーターになってもらえるかどうか、息の長い商売を心掛けていくことも重要だと思う。お客さんに恐縮を強いることなく、自然と「ありがとう」を返してもらえる絶妙なタイミング。その試行錯誤はお店や会社の雰囲気向上にも繋がるね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

僕の経営者としてのルーツ 〜最初から経営者になることを約束されていなかったということ、裏の世界を覗いてきたということ

世間は盆休み、とて、中小零細企業にそんなものは関係なく、僕は僕の毎日を過ごす。 いつもは車の往来が激しい大阪の真ん中、レンズを向ける僕を咎める人は誰もいない。 かつてサラリーマンをしていたビルの前を訪 …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

no image

継続は資産

今年になって「書く」仕事が一気に増えた。こうしてブログを書き続けているだけで、「そういう人なんだろう」と認知してくださる人が増え「そういう人がいるらしい」とクチコミをしてくださる人がいる。継続はチカラ …

「そういう商品」が「僕たちの商品」になる、実地で触れた生産者の方々の想い

うちのメンバーと紙漉き体験に。 紙をつくるプロセスをビデオで学び、働いている方にインタビューして苦労を知る。その想いを伝えていくことも含めて自分たちの役割なのだということに気が付けば、安易な安売りをし …

no image

僕たちはいま、批判されることを回避しすぎてはいないだろうか

毎月増えていく新しい名刺。いま、出逢った人が自分の利害関係とはならずとも、目の前にいる人の先の誰かが自分の利害関係になるかもしれず、僕たちは空気の中に、お互いの親愛と尊敬を込めて言葉を選び合う。 年齢 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly