川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

投稿日:

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。

僕は商売人の息子として育った。そして今、商売の世界に生きている。他を蔑んではならないというのは商売人の礼節であり、商売で得た利益は地域で循環させていくものだと思っている。いろんな産業があっていろんな流通がある。だからお金がまわって、僕は大人になるまでを、父母の商売で養ってもらって生きてくることができた。

「外食は良くない」と子どもに教えるとどうなるのだろう。子どもは学校で、「レストランをやっているお前の家は身体に悪いものを売って生活をしてるんだな」と友だちに話しかけたり、考えたりすることはないのだろうか。栄養のバランスが良ければ心の均衡は崩れても良いのだろうか。「そんなことを言う子どもには育てない」というのであれば「心に思っても声には出さないように言い聞かせている」ということで良いのだろうか。それは本当に心の教育になるんだろうか。

どんな生き方も考え方も人それぞれの自由だけれど、憲法と同じく、それぞれの自由は公共の場で一定の制約を受けることになる。言論はいつも武器になって、人の心を傷つけ、子の心を歪めてしまう可能性のあるということを知っておきたい。僕は販促とライティングの仕事をしていて、様々な人の商売に携わる立場。なれば、この戒めは余計に強くしなければならない。無意識のうちに放った言葉が刃にならぬよう大切なことは、やっぱり想像力なんだと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

選ぶのも自己責任、選ぶのもセンス。カタカナにお金と時間を費やすな。

経営者の仕事は「決める」ことだから、何かを決めて受け入れたのならば、それはもう経営者自身の責任である。騙そうという意図で近づいてきた人がいても、受け入れたのは自分の判断。騙す人間は許されるものではない …

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

no image

売ると選ばれるの違い ~商売は一日にして成らず

たとえばうどん屋さんが、「うちのうどんはオススメですよ」と毎日ネットに書いていたとする。 足を運んでほしくて伝え続けていたのだとしても、読んでいる側は「読まされている」のであり「売り込まれている」わけ …

no image

新幹線の7分間の奇跡 ~おもてなしの心と標準化の仕組みと

東京駅に到着した新幹線の、折り返し発車するまでの7分間で行われる清掃の様子が評判になっている。 限られた時間のなかで行うお客様をお迎えするための準備。「おもてなし」や「笑顔」という気持ちを持つことは大 …

no image

ブログを仕事に生かすということ、ブログを継続するということ

久々にコトバノを二日連続で更新した。 「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい! | コトバノ 「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly