川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

投稿日:

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。

僕は商売人の息子として育った。そして今、商売の世界に生きている。他を蔑んではならないというのは商売人の礼節であり、商売で得た利益は地域で循環させていくものだと思っている。いろんな産業があっていろんな流通がある。だからお金がまわって、僕は大人になるまでを、父母の商売で養ってもらって生きてくることができた。

「外食は良くない」と子どもに教えるとどうなるのだろう。子どもは学校で、「レストランをやっているお前の家は身体に悪いものを売って生活をしてるんだな」と友だちに話しかけたり、考えたりすることはないのだろうか。栄養のバランスが良ければ心の均衡は崩れても良いのだろうか。「そんなことを言う子どもには育てない」というのであれば「心に思っても声には出さないように言い聞かせている」ということで良いのだろうか。それは本当に心の教育になるんだろうか。

どんな生き方も考え方も人それぞれの自由だけれど、憲法と同じく、それぞれの自由は公共の場で一定の制約を受けることになる。言論はいつも武器になって、人の心を傷つけ、子の心を歪めてしまう可能性のあるということを知っておきたい。僕は販促とライティングの仕事をしていて、様々な人の商売に携わる立場。なれば、この戒めは余計に強くしなければならない。無意識のうちに放った言葉が刃にならぬよう大切なことは、やっぱり想像力なんだと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

no image

僕が「ビジネス」と「クライアント」という言葉を使わない理由 ~商売人の矜持

「ビジネス」と「クライアント」という言葉は、どちらも相手に対する自分の立場を勘違いさせてしまいそうな危うさを持っている気がして、僕は使わないことにしています。「ビジネス」ではなく「商売」で、「クライア …

no image

定性的な評価と定量的な評価 ~読書量を給与査定の基準にする

前川企画印刷ではtwitterやブログでのアウトプット(発信回数)も評価の対象にすることにしている。ご存知の方もいらっしゃる通り、うちの会社はSNSの活用で今日までをなんとかやってくることができた。メ …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

経営者になって10年となる記念すべき一日に向けて 〜労働保険料の計算と納付

決算に向けて対外的なラストスパートと事務的な作業に追われるのがこの時期。サボりまくっていた経理はリアルタイムに追いついた。そして今度は7月10日が期限の労働保険料の計算と納付。 複写になっているこの書 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly