川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画 業務日記

相手を許せなくて苛立ってしまうときは、クマの着ぐるみを着た犬の動画で癒されることにする

投稿日:2014年11月28日 更新日:

「神戸は海と山が近くて素敵ですね」と言われるたび「こんな小さな街なので、人間関係を上手にやっていかないと商売は途端に立ち行かなくなります」と答えている気がする。

信頼と実績を積み上げていくのに必死だし、相手が約束を破ったり僕たちのお客さんの尊厳を傷付けるような真似をしない限りはこちらから仕事をお断りすることはない。損得よりも信用。信義則や商売人の義理を重んじるのは大切なことで、人それぞれ、べき論を相手に押しつけるべきではないと思っている。

ところが、そんな自分も同じ商売人のカテゴリーの中にいる人たちの目に余る行為や言動については不快感を露わにしてしまうことがある。どうして想像力を働かせないのだろう。それで傷つく人がいることに気付かないのだろうか。自分の商売をそんな風に言われたらどんな風に思うのだろう。自分が放つことは、自分に放たれることでもある。それでいいのか、どうして相手を許せないのか ――。

反面教師にして黙っていれば良いことを声に出しては襲ってくる後悔。怒りや妬みの感情は捨てるべきなのに、なかなかそれができない。誰かの行動に腹を立ててしまうこともまた、自分のなかにある弱さが原因。感情の波にしばらく揺られた後、自分と対峙する。まだまだだと自分に言い聞かせる。強くなりたいと心から思う。

犬が大好きだ。犬と過ごした日々はもう過去形でしか語ることができないけれど、犬への気持ちは現在形で話すようにしている。生きているし、その存在たちに生かされているんだとも思う。打算のない純粋な瞳で、犬たちは人間の方をじっと見つめてきてくれる。

可愛いね、ほんとにね。

Google

Google

-動画, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

【激レア動画】西明石駅の下りホームから出発する、新幹線N700系のぞみ100号東京行き

分かる人には分かっていただける激レア動画。 上りの新幹線が下りのホームから出発しているシーン。 そもそも西明石駅には、一日にのぞみ号が一本しか設定されておらず(始発)、その東京行きの上りのぞみ号が下り …

no image

笑われると笑わせるの違いとは 〜自分と異なることは悪ではなく個性

プライドのないような振りをして生きていることも、また、その人が命とプライドを守るために選んだことなのだから、やっぱり僕たちは、人のなにかを簡単に笑ったり批判したりしてはいけないと思うのです。 笑われる …

no image

デザインにフリー素材の人物写真を使ってしまうことの功罪 ~リアルの匂いを大事にしたい

ネット上で商売の何かを表現するとき、デザインはそれほど重要ではないと思っている。 皆がtwitterやFacebookというSNSを使う時代。ホームページのデザインは嘘をつくけれど、その人に集う人間関 …

no image

ディズニーランドでデートをしていた北斗晶さんがファンとの写真撮影をすべて断った理由

ディズニーランドでデートをしていた北斗晶さんがファンとの写真撮影をすべて断った理由が紹介されていた。誰が主役で、この場所がどういう空間なのかをちゃんと考えられての行動。配慮が素晴らしい。 園内では、多 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly