川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

福岡「らんびき」。

投稿日:


写真では違いが…(^^;

おまけで地鶏炭火焼きをフレームイン。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

価値を決めるモノサシは、どこのだれにも心の真ん中に。

フォト川柳。 背伸びをしたくなるような仕事終わりの夕暮れ。詩に表現するとどんな風になるのだろうと詠んでたもの。 twitterに掲載したところ、やたらと反応が良かったのが嬉しかったな。 同友会の設立4 …

no image

天国へ。

3月2日、8時50分。 ぺぺは、天国に旅立ちました。 もっと、してあげられることがあったんじゃないか。もっと、一緒に遊びたかった。 辛いです。

no image

祝日とゴミの日と台風の重なった朝はとても優しい

祝日とゴミの日が重なった朝は、ゴミステーションに集まる量がいつもより少ない。夜のうちにゴミを出すのでもなく、ただ、朝を出遅れて過ごす人たちののんびりを想像するのは楽しい。 祝日とゴミの日と、そして台風 …

no image

どうぶつ病院を好きだった、どうぶつ病院が嫌いだった、犬だってそれぞれ人だってそれぞれ

従順に見える犬たちだって、どうぶつ病院を嫌がるあさろうたもいれば、友だちに会えると喜ぶじゅにあもいた。同じように接していても、同じものを好きになるとは限らない。理想を押し付けて同じようにしようとするチ …

no image

心に芽のある限り

波が落ち着いてから漕ぎ出だすのも、波の向こうの安寧を求めていま出立することも人ぞれぞれの選択。正解のないことの相談を受けると答えに悩む。背中を押してくれる人がいる間が華かもしれず、思い止まることを示唆 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly