川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「笑われる」と「笑わせる」の違いをデーブ・スペクターさんに学ぶ

投稿日:

いきなり仕事の話から入ることもないだろう。天気、近況、スポーツの話題などなど、当たり障りのない会話から入って核心に近づいていく。相手との距離感を縮めるための会話の引き出しはいくらあっても困ることはない。

「笑われる」と「笑わせる」の違いは何か

尊敬する人を聞かれたら、デーブ・スペクターさんだと答えている。

馬鹿なことばかりを言っているようで、それは頭の回転が速いからこそ出来ること。普段から偏りなく様々な情報に接していて、瞬時にユーモアに変換する能力は素晴らしい。知っていることを知っていると誇示してみせても受け取る相手は嫌味にしか思わない。知っていることを知らないような顔で話してみせる、こういう話し方をすれば相手を不快にさせることなく、毒は毒でも温かい毒となって相手を笑わせることができる。ここまでならユーモアとして理解してもらえるだろうという相手の理解力を想像しながら話すことが笑わせることで、「自分はこんなにインプットを頑張っていますよ」だとか「あんな人やこんな人とも繋がりがあって僕はすごいんですよ」というような主張は、自分が聞き役ではなく自分のことを聞かれたいという自己承認欲求の最たるもので、これこそが「笑われる」ということなのではないかと考えている。

笑われるのは簡単でも笑わせることは難しい。それでも、その難しさを越えたところにある絶対の信頼感や安らぎが相手からの期待に繋がる。想像力を大切にして相手を和やかな気持ちにしていくために、「笑われる」と「笑わせる」の違いは常に意識していきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

水の流れてくる場所に心を置いて、耳を傾けて

ライティングの締切と月末の事務処理が重なってバタバタ。そうだった、4月の平日は早く終わるのだった。それでも、todoが積み上がると、片付けなければならないという意識が強く働いて、同じことを終えるまでの …

no image

想像力は知識よりも大切だ。知識には限界がある、想像力は世界を包み込む

「想像力は知識よりも大切だ。知識には限界がある、想像力は世界を包み込む」と言ったのがアインシュタイン。知識は誰かの想像から始まる、そして想像の源となるものはまた知識でもある。 「なんとか理論です、大企 …

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly