川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「笑われる」と「笑わせる」の違いをデーブ・スペクターさんに学ぶ

投稿日:

いきなり仕事の話から入ることもないだろう。天気、近況、スポーツの話題などなど、当たり障りのない会話から入って核心に近づいていく。相手との距離感を縮めるための会話の引き出しはいくらあっても困ることはない。

「笑われる」と「笑わせる」の違いは何か

尊敬する人を聞かれたら、デーブ・スペクターさんだと答えている。

馬鹿なことばかりを言っているようで、それは頭の回転が速いからこそ出来ること。普段から偏りなく様々な情報に接していて、瞬時にユーモアに変換する能力は素晴らしい。知っていることを知っていると誇示してみせても受け取る相手は嫌味にしか思わない。知っていることを知らないような顔で話してみせる、こういう話し方をすれば相手を不快にさせることなく、毒は毒でも温かい毒となって相手を笑わせることができる。ここまでならユーモアとして理解してもらえるだろうという相手の理解力を想像しながら話すことが笑わせることで、「自分はこんなにインプットを頑張っていますよ」だとか「あんな人やこんな人とも繋がりがあって僕はすごいんですよ」というような主張は、自分が聞き役ではなく自分のことを聞かれたいという自己承認欲求の最たるもので、これこそが「笑われる」ということなのではないかと考えている。

笑われるのは簡単でも笑わせることは難しい。それでも、その難しさを越えたところにある絶対の信頼感や安らぎが相手からの期待に繋がる。想像力を大切にして相手を和やかな気持ちにしていくために、「笑われる」と「笑わせる」の違いは常に意識していきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

空っぽのまま、低いところで待つ。その先に見えてくる世界へは、一歩、また一歩

同一視されたくないという矜持なのかもしれないし、「そういう」肩書きを用いることで離れていく人がいることを体験的に理解しているからかもしれないし、とにかく、理由は不明確なまま、なんとなく表向きにはアピー …

「対価をいただけないのは失礼だ」と主張しているうちの、プロフェッショナルの未熟

商売には目に見える商品と目には見えないサービスがある。 たとえば僕は「書く」ということを生業の一つとしていて、書く行為については対価をいただかなければならない。「友だちだから」「他の人からは書くという …

no image

生きていくっていうのは人を巻き込みながらやっていくということだ

昨日までと同じで良いわけがなく、守るものは守って、捨てるものは捨てて、適応をしていかなければならない。冬が来ると分かっていれば着込む服のことを考えるし、暖房もちゃんと準備をしようとする。生きていくって …

no image

新しい仲間と目指したいところ。 

8月(9月?)入社予定のN君の実地研修。 今日は朝から事務所に来て貰って、簡単な業務の流れと実際の制作について研修に取り組んでもらった。 増え続けている新規の案件について、制作は手一杯の感があった。 …

no image

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。 青が好きな人もいれば …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly