川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

自分が売りたいと思って向かう場所には、相手もまた、同じ思惑で集まる

投稿日:

昨日書いた「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうかという記事への反響が凄まじかった。「自分もそんな風に誘われてたんですが、そういう仕組みだったんですね」とたくさんの電話やメッセージをいただいた。

逆に言えば、商売につなげたいという思惑で勧誘していた人たちは、それだけ多くの人たちに胡散臭く思われていたということだ。ちゃんと記事にして良かった。

「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうか | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

仕事につながれば、という本音は誰だって持つものだろう。ただ、冷静に考えれば、「自分の仕事の可能性を広げたい」と思って向かう場所は、相手もまた、同じ思惑で集まるのだ。自分は売りたいけれど、相手は買いたいというシチュエーションで出会える可能性は(一般的には)低い。足し算と引き算。自分が利益を得るまでに、それ以上のマイナスが出てしまうことをシミュレーションすれば、そこに潜む「相手から搾取さえできれば良い」層たちの悪魔の笑みが想像できる。昨日も書いた通り、僕は自分のお客さんにそのような害を与えることは断じて許さない。

「あの会は仕事にならなかったでしょう? こちらは参加しているメンバーがお互いの営業マンとなって仕事を紹介しあう仕組みになっているのです。だから儲かりますよ」と甘い言葉で始まる勧誘に注意してほしい。最終的にそれを判断するのは人それぞれの自由だが、その甘い言葉を聞いた人たちがこれだけ警戒をしていたという事実を知れば、「そちらに踏み込んだ人間」というレッテルを貼られることのリスクも想像していただけるのではないかと思う。商売は信用でするもの。相手を利用しようとする下心は一瞬で見透かされて、そして、終わる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸の経営者、孤独とため息とやりがいと。

中小企業家同友会のブロック会、プレミーティングに参加。 経営者は孤独という言葉を何度も聞くけれど、本音のこぼれやすいこうした小さな集まりでは、それを益々実感します。 9月には、自分が経営体験報告を発表 …

黄金の海原、稲美町の麦畑

稲美町の麦畑。 加古川と稲美町には大麦の畑が広がっていて、6月の半ばまでに収穫されて麦茶の原料として出荷されていくらしい。麦の色のイメージで実りは秋だとばかり思っていた。知ったのは二年前のこと。僕は冬 …

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

no image

頑張ってる自慢は足らずの裏返し

匂いというか雰囲気というか醸し出しているものというか。 インプットに走っているよりは、アウトプットに試行錯誤(悪戦苦闘)している人の方が愛される確率が高いような気がする。結果、ひとを惹きつけて商売をう …

no image

月末の事務作業を楽にしたい大人たちへ送る封筒の『スチック糊』『テープスチック』『ハイシール』の違い

うちのメンバーたちが一生懸命会社のブログを更新しています。「神戸で一番犬の好きな印刷屋」と名乗っているのに、バナーの写真は猫です。このあたりです。この際それはどうでもいいです。 月末になると通帳の残高 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly