業務日記

ラーメンを食べたい気持ちにさせる広告とは。

仕事だから、責任とプライドを持って取り組みます。

でも、プロだからとて、押し付けはしません。
いつだって心がけていたいのは、気持ちのいい接客。

お客様があってこその私たちです。

ところで。

『ラーメンを美味しそうに見せる広告』
    ▲
    と
    ▼
『ラーメンを食べたい気持ちにさせる広告』

では、ちょっと違います。 だいぶ違います。

どっちがいい、悪い、ってわけじゃありません。

ただ、その広告のターゲットであるとかタイミングであるとか。

それによって、内容は考えるべきです。
私たちは、それもインタビューさせていただいたうえで、お客様に
ご提案いたします。

広告を作ることのプロであっても、お客様の取り組まれるお仕事に
ついては、単なる「客」の立場です。だからこそ、その目線で、まずは
「何を感じるか」お伝えします。

これが、いつも、とても喜ばれます。

そして、自分が、一番こだわっている部分でもあるところ。

お客様とのお付き合いは大切。
でも、広告において一番大切なのは、「お客様のお客様」。

お客様の言うことをただ聞いているだけで、必ずしも効果の高い広告が
作れるとは限らないのです。

私たちは、気持ちのいい接客を目指していますが、とはいえ、単なる
イエスマンというわけでもなく、むしろ、「物言う」制作会社です。

「頼んでよかった」・・・ 星の砂を集めるように、いつも、この言葉を
聞くことを励みに頑張っております。

力になります、お役に立ちます、それが私たちからのお約束。

是非、ご相談ください、神戸の制作会社、前川企画印刷

9月、兵庫県、大阪府、いろいろまわっております。
皆さんのところへまいります! お気軽にお声がけを。