川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

経営者である前に商売人であれ 〜父の痕跡、父の記憶

投稿日:

仕事をする自分のルーツは何なのだろうと振り返れば、やっぱり父親の存在になる。経営者ではなく商売人。経営者である前に商売人でいる。僕の信念と行動哲学には、今もいつまでも父が生きている。

もう、店の跡形もなく、馴染みだった店主たちもほとんどいなくなってしまった元町通り四丁目の商店街に、商売をこよなく愛した父らしい痕跡があったのだが、母に聞くと、最近の工事でそれもなくなってしまったそうだ。いつだってお客さんの視点で物事を想像した父の痕跡。瞼を閉じれば、今の僕の手本だけの浮かぶ。

経営という言葉に縛られて苦しくなっているのかな、と思う。僕は商売人。先にあるそれを忘れては、父の背は遠くなるばかりだ。

僕の信念と行動哲学には、今も父が生きている。痕跡にすらもう触れられなくても、僕は父と生きていく。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ビジネスと商売の違い ~父が死んでいなくなったということを実感するとき

大きな企業で働いていて、脱サラして起業する。親御さんが商売をされていて、その背を見て自分も商売人になった。 同じ商売人でも、そこに至るまでの人生は様々だ。ただなんとなく、前者は「ビジネス」という言葉を …

no image

秋になると検索される言葉 ~お日柄は天気のことではなくて、天高く馬肥える秋はのんびりした意味ではない

コトバノで、とある実験を開始。「こうなれば面白いことになるんじゃないかな」と仮説を立てて、実際にそれに取り組んでみる。結果が出れば「成功体験」として、それをまたお客さんに仕組みを売っていけるようになる …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

no image

9回の失敗を与えることはベンチワークで、10回目を祝福することはチームワーク

情熱だとか知恵だとか努力だとか想いだとか、そんなものはこれっぽちも目には見えやしないし、「いいや、いつか必ず心に届くよ」なんてそれっぽいこと言っても嘘だと思ってる。 それでもだけども、9回心が折れたそ …

no image

在り方、見られ方、考え過ぎることもまた

そこまで考えないでもいいかな、考えすぎかな、と思うこともあるのだけれど、この、「過ぎる」あたりに今の自分の像があるのだとすれば、これまで応援や信頼をしてくださった人を裏切ることになってしまうのかもしれ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly