川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか

投稿日:2017年1月3日 更新日:

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか、といえば、これは違法ではない。

特定電子メール法という法律があって、事前の許諾なしにメルマガを送信することは違法であると定義されているが、これには例外があって「名刺交換をした相手や取引先に送るのであればOK」ということになっている。ただし、メルマガの内容が電子商取引(通信販売など)を行うものであれば、やはり事前の承諾は必要であるということになっている。

名刺交換をした相手に事前の承諾なしにメルマガを送信することが違法ではないといっても、やはり、一方的に送られてくるのは気分が良いものではない。Aさんが「誰彼構わずメルマガを送信する人」だと分かれば、自分であれば、Aさんのことを色々な人に紹介するのは躊躇してしまう。

ところで。

たとえば名刺の裏側、隅の方にでも「メルマガはお断りしています」という一文を添えてある相手にメルマガを送っても問題ないだろうか? これは「違法」である。名刺交換をした相手に承諾なしにメルマガを送信できるのは、あくまでも例外的な規定。この一言さえ名刺に添えておけば、(分かっている相手ならば)メールマガジンを送信してくることはあり得ない。意外に知られていないが、名刺に添えておきたい一文なのである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

経営者になって10年となる記念すべき一日に向けて 〜労働保険料の計算と納付

決算に向けて対外的なラストスパートと事務的な作業に追われるのがこの時期。サボりまくっていた経理はリアルタイムに追いついた。そして今度は7月10日が期限の労働保険料の計算と納付。 複写になっているこの書 …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

no image

こんな風に人生に関わりを持てる仕事です。

ジュニア川柳の入力。 小学校に通う子供たちの川柳と、お名前を入力していきます。どの句も純粋。 見たまんま、思ったまんまを伝えられることって、素晴らしいことですね。 僕らはよく、「いかに形容詞を使わずに …

no image

ミスはあるものとして、ミスがあってからの「即」を徹底する

10年前にしたのと同じミスが発覚した。お客さんに謝罪するのはもちろん、失望させてしまったことを心から申し訳なく思う。信用は砂の城。トラウマになる程のミスだったのに、10年経って繰り返してしまったことは …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)