川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

投稿日:2016年8月9日 更新日:

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。

自分の表現の何かが相手に喜ばれて、それが次の機会を運んできてくれる。循環。始まりはいつも、「得意」や「経験」ではなく、喜んでほしいという「想い」から。その一瞬、その一点。背中に長い定規を入れて遊んだように、軸をもって、相手の喜びを自分のエネルギーに変換していく。だから続けられるのだと思う。

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか。普段仕事をしていて埋没しがちな初心や原点を、思い出させてくれるのはお客様の声だ。その声を聞きたい一心で尽くす。やっぱりそれが、僕の思う商売人の在り方なのである。

循環は、はじまりの一点から。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

関西で商売をする人がチラシやポスターを制作するときに心がけてほしいこと

一目でチラシの内容がわかってしまうことが良い場合とダメな場合とがある。 これとかオケのチラシではない感がある https://t.co/GlBgKbLQGO — ぱろすけ (@parosk …

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

モノの終わりと始まりに。

もう営業を止めてしまったような、古い店舗を目にすると。 でも、このお店にも、「オープン」したばかりの頃があったんだよな。 店主はその時、よし頑張るぞ、という決意で初めてのお客さんを待ったのだろう。 そ …

「第一印象で決まる」という考え方は「第一印象で決める」という偏見に繋がる可能性もある

「忘年会には参加せず仕事を頑張る」という書き方と「忘年会にもっと呼んでもらえるように仕事を頑張らなくては」という書き方。 さて、仕事を頼むとしたらどちらの人に頼みたいですか?という質問をして回ると、す …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly