川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか

投稿日:2017年1月3日 更新日:

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか、といえば、これは違法ではない。

特定電子メール法という法律があって、事前の許諾なしにメルマガを送信することは違法であると定義されているが、これには例外があって「名刺交換をした相手や取引先に送るのであればOK」ということになっている。ただし、メルマガの内容が電子商取引(通信販売など)を行うものであれば、やはり事前の承諾は必要であるということになっている。

名刺交換をした相手に事前の承諾なしにメルマガを送信することが違法ではないといっても、やはり、一方的に送られてくるのは気分が良いものではない。Aさんが「誰彼構わずメルマガを送信する人」だと分かれば、自分であれば、Aさんのことを色々な人に紹介するのは躊躇してしまう。

ところで。

たとえば名刺の裏側、隅の方にでも「メルマガはお断りしています」という一文を添えてある相手にメルマガを送っても問題ないだろうか? これは「違法」である。名刺交換をした相手に承諾なしにメルマガを送信できるのは、あくまでも例外的な規定。この一言さえ名刺に添えておけば、(分かっている相手ならば)メールマガジンを送信してくることはあり得ない。意外に知られていないが、名刺に添えておきたい一文なのである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

聞きたかったのはあなたがかつて勤めていた企業の看板ではなく

年が明けてから新しい仕事のご依頼が殺到していて、これはだめだこれは落ち着いて考えようと通い慣れない「すたばぁ」なるお店で腰を据えたところ、やはりどうにも居心地がよろしくない。あいやこれは、けっしてお店 …

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

no image

去年より3倍伸びた、その売上に。

「制作」という実務の分野においては、制作にかかる時間以上の収益を会社としてあげていくことが出来ない。 これでは、どうしてもキャッシュフローがしんどくなってしまう時期が生じてきてしまう。経営的には、「知 …

no image

神戸の電子出版、電子書籍に新しい風を吹かせたい

詳細は後日前川企画印刷公式ブログにてメンバーから発表があるとして。 ずっとやりたかった新しい事業に取り組み始めた。企業理念である「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」。まさにこれが体現化され …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly