川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験を価値にするためには、仮説を立てるのが重要なこと

投稿日:2017年1月11日 更新日:

蒔いた種に水が行き届いているかどうか、光があたっているかどうか。

それが具体的な「計画」なのではないかと思う。「ご縁」という言葉は、響きは良いが、再現性が期待できない。だから僕は使わない。こんな風にすれば、次はこうなるだろう。仮説をつくって、自分の決めた通りに取り組む。果たされれば、それが「経験」という価値になる。仮説を立てるというのは実に重要なことだ。

咲いてこそ花であって、種を蒔くだけでは自己満足。目の前に咲いた花を、来年も咲かせてこそのプロフェッショナル。仮説、イメージ、計画。甘くて綺麗な言葉の響きに自己陶酔していないかどうか、ちゃんと戒めていきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

これだけは君に伝えておきたい。

頭痛にはバファリン。溶けたい時にはウニ。 僕はそのことを、ちゃんと伝えていくことのできる人間でありたいんだ。

no image

名古屋にて。

特急飛び乗りました。 確かに満席でしたが、ばらばらで座ることが出来ました。汗だく。

学校帰りの岩井寿酒店。

七田と前張りの麦焼酎をいただきました。

週末寒波、神戸の夜景、ハーバーランドでライブ、得るものと失うもの

週末、40年ぶりの寒波がやってくるのだとか。物流や交通に支障が出る可能性があり、3日分程度の食料を備蓄しておくことを気象サイトが呼びかけている。日常に非日常がやってくるとワクワクしてしまう。願わくは事 …

no image

「話があるんだけど」「怒られることですか?」「違うから」「でも」

月末のきりきりとした音から遠いところに馳せる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 24 胃の底に鈍い音がし始めて月末。何年も繰り返してきて、何年も繰り返して …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly