川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験を価値にするためには、仮説を立てるのが重要なこと

投稿日:2017年1月11日 更新日:

蒔いた種に水が行き届いているかどうか、光があたっているかどうか。

それが具体的な「計画」なのではないかと思う。「ご縁」という言葉は、響きは良いが、再現性が期待できない。だから僕は使わない。こんな風にすれば、次はこうなるだろう。仮説をつくって、自分の決めた通りに取り組む。果たされれば、それが「経験」という価値になる。仮説を立てるというのは実に重要なことだ。

咲いてこそ花であって、種を蒔くだけでは自己満足。目の前に咲いた花を、来年も咲かせてこそのプロフェッショナル。仮説、イメージ、計画。甘くて綺麗な言葉の響きに自己陶酔していないかどうか、ちゃんと戒めていきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

部屋の片づけに応用するインプットとアウトプットの法則

家の中を整理する必要があって、暇を見つけては本を売りに行くようにしている。 ここ数日で処分した本は千冊以上。それでも家が片付いた気がせず、絶望的な気持ちになる。いつか図書館のような部屋にしたいと思って …

じっくりと雲と。

風に動じず悠然と秋の雲。 同じ白も同じ青も、ずっとそのままの顔で優しい。秋はとってものんびりです。

no image

人に気持ちいいこと、ハスキー犬に気持ちいいこと

人間に気持ちのいいことは、ハスキー犬にだって気持ちがいい。頭、くわーっとなって、顔、ふにゃーっとなって。 100人がいて、100人が心地良いと思うことを見付けるのは至難の業だ。万人受けしようとする商売 …

no image

ふわっと

「西端さんのあんな感じの文章でお願いしたいんですよ」 「どんな感じ?」 「そうですね、ふわっとした感じの」 「ぐわっと?」 「いえ、ふわっと」 「しゅわっと?」 「ちゃんと考えてくれてます?」 「だか …

堅実。

 

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly