川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験を価値にするためには、仮説を立てるのが重要なこと

投稿日:2017年1月11日 更新日:

蒔いた種に水が行き届いているかどうか、光があたっているかどうか。

それが具体的な「計画」なのではないかと思う。「ご縁」という言葉は、響きは良いが、再現性が期待できない。だから僕は使わない。こんな風にすれば、次はこうなるだろう。仮説をつくって、自分の決めた通りに取り組む。果たされれば、それが「経験」という価値になる。仮説を立てるというのは実に重要なことだ。

咲いてこそ花であって、種を蒔くだけでは自己満足。目の前に咲いた花を、来年も咲かせてこそのプロフェッショナル。仮説、イメージ、計画。甘くて綺麗な言葉の響きに自己陶酔していないかどうか、ちゃんと戒めていきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

グリーンピア三木。

自然満喫中。

長崎・五島あごサブレ。

お土産にいただきました。あご→トビウオのことなんだそうです。 わざわざありがとうございました。どんな味だろう??

no image

優しい犬の瞳に教えられた「助けること」「与えること」 ~忘己利他の気持ち

助けてあげたら助けてもらえるんじゃないか、そんな見返りを求めてしまう自分はまだまだ未熟。与えて、与えて、与えて、それでいいじゃないかと言葉にはするのだけれど、心の帳簿に薄い印を記している打算。与えるこ …

no image

大人になれないなぁと思う。

「粟」と「栗」が区別できない。 「靴」と「鞄」は2秒考える。 「117」と「177」は「晴れるとイイナの逆」と覚えてる。 バカなんだなぁと思う。

おやすみなさい。

@自宅の踊り場 山陽電車に見送られ、夢の世界。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly