川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

週間天気予報に雪だるまがいる、それだけで

投稿日:2017年1月12日 更新日:

週間天気予報に雪だるまを見かけると、年甲斐もなく嬉しくなってしまう。

積雪が誰かの日常に害を及ぼすことは十分承知している。それでも、温暖な瀬戸内のこの場所で、白に浸れるかもしれないと想像するだけで楽しい。日常の次に日常を重ねるような毎日で、あっという間に40歳になってしまった。時々は子どものころの気持ちで空を見上げてみたくもなる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ひと思案。

体調の回復に努めた一日。 夕方から始動。 近所の喫茶店でひと思案。 携帯に転送される仕事のメールを整理しながら、 明日のことを考える。 必要とされることは、本当に有り難い。

親が子に残してあげられるのは。

高校時代に作った曲を久々に演奏してみると、 あまりに指が動かなくて泣けます。 「親が子に残してあげられるのは、教育だけ」 – 母によく聞かされたことば。 20年もずっと、ピアノのレッスンに …

旧事務所の大掃除と、火葬に向かった桜の葬列と。

旧事務所の大掃除。 彼らは今、それぞれに新しい命を授かり、その誕生に向けて仕事に家族のケアにと一生懸命頑張ってくれている。自分自身が働く父の背中を見て育ったので、彼らの働く姿も子どもたちに見てもらいた …

no image

散らし雨の重さのあとに、決意の色の風は来る

桜を叩くように、執拗な雨。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月3日 散らし雨の重さを背負って、咲いたばかりの薄紅たちが壁やアスファルトを泣くように染めていた。し …

家路。

阪神高速、西へ。 くたびれた車間距離。明日の花粉はどんなかな?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly