川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

投稿日:2017年1月21日 更新日:

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。

真面目で一生懸命なのは、人としてとても大切なこと。信頼関係の礎です。

でも、僕は、「真面目で一生懸命である」ということは、口にするべきではないと思っています。誤解をしてほしくないのですが、「真面目で一生懸命である」ことは良いのです。そうあるべきでしょう。ただ「真面目で一生懸命であると言葉にしてしまう」と、与える印象が変わってしまうと思うのです。

真面目であることを口にすると、どうして印象が悪くなってしまうのか。

それは、【他の人と比べると、自分はこんなにも真面目なんですよ】というニュアンスを含んでしまうから。つまり、わざわざ、他人を蔑んで、自分の価値を相対的に高めているような印象になってしまうのです。真面目であるということは、誰かと比較されて評価されるものではありません。

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 | コトバノ

他人を貶めて、自分を高めようとする言動や行動は、見透かされます。薄い人間性には、魅力は伴いません。魅力のない場所に、人やお金、情報は集まってはこないでしょう。

もちろん、ひとは、弱いものです。居場所を守るために、僕はあの人よりもこんなに頑張っていると認めてしまう自分もいて当然だと思います。

でも、だからこそ。

言葉にはしない。言葉にしてしまうと、違う印象を与えてしまうという想像力を大切にしてほしいと思うのです。誰もが認める誠実な人柄が、不用意な言葉で価値を損なわれてしまうのは本当にもったいのないことです。

言葉は心を越えるものではありませんが、言葉の選択ひとつ、遠回りの人生を選ばせてしまう危険性を伴います。僕たちは誰かを蔑んで生きているのではありません。だからこそ、コトバノ。僕はその重要性と危険性の両方を伝えていくことのできる、そういう仕事をしていきたいと思っています。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

no image

販促屋のためのビジネスか、お客さんのための商売か。ビジネスと商売の違い。

お客さんの広報や販促のお手伝いをしていて、極力、自分のブログやSNSでその付き合いを見せないようにしているのは、お客さんのしていることがお客さんのお客さんのために行っている誠意であり本質であることを感 …

台風接近の中を出社する人を「ブラック企業」と嘲笑う風潮と責任感について

「台風の近づくなかを出勤する日本人はどうかしてる」「そんな会社はブラックだ」という言葉に頷くためには、僕は嵐のなか、たとえば電気が使えなくなったり水道が使えなくなったりすることも許容しなければならない …

no image

商売に政治のスタンスは持ち込まない ~他山の石以て玉を攻おさむべし

ネット上のとある論争。経済論の一つとしては正論だと思うけれど、起業論にしてしまうのはヒステリックな気がする。 あなたと私は違うという妬みの感情と分けて議論ができればいいのかもしれない。もっと言えば、デ …

no image

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。 お …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly