川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

投稿日:2017年1月21日 更新日:

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。

真面目で一生懸命なのは、人としてとても大切なこと。信頼関係の礎です。

でも、僕は、「真面目で一生懸命である」ということは、口にするべきではないと思っています。誤解をしてほしくないのですが、「真面目で一生懸命である」ことは良いのです。そうあるべきでしょう。ただ「真面目で一生懸命であると言葉にしてしまう」と、与える印象が変わってしまうと思うのです。

真面目であることを口にすると、どうして印象が悪くなってしまうのか。

それは、【他の人と比べると、自分はこんなにも真面目なんですよ】というニュアンスを含んでしまうから。つまり、わざわざ、他人を蔑んで、自分の価値を相対的に高めているような印象になってしまうのです。真面目であるということは、誰かと比較されて評価されるものではありません。

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 | コトバノ

他人を貶めて、自分を高めようとする言動や行動は、見透かされます。薄い人間性には、魅力は伴いません。魅力のない場所に、人やお金、情報は集まってはこないでしょう。

もちろん、ひとは、弱いものです。居場所を守るために、僕はあの人よりもこんなに頑張っていると認めてしまう自分もいて当然だと思います。

でも、だからこそ。

言葉にはしない。言葉にしてしまうと、違う印象を与えてしまうという想像力を大切にしてほしいと思うのです。誰もが認める誠実な人柄が、不用意な言葉で価値を損なわれてしまうのは本当にもったいのないことです。

言葉は心を越えるものではありませんが、言葉の選択ひとつ、遠回りの人生を選ばせてしまう危険性を伴います。僕たちは誰かを蔑んで生きているのではありません。だからこそ、コトバノ。僕はその重要性と危険性の両方を伝えていくことのできる、そういう仕事をしていきたいと思っています。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

謙虚は大事、謙遜しすぎないのは大事、それが一番大事

おべんちゃらを言うことは、好きとか嫌いとかではなく、面倒だな、と思う。 利害関係を考えて、相手の自尊心をくすぐるようなことを言うのは営業の人間であれば当たり前だと言われるかもしれない。ただ、ひとは、自 …

no image

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意思

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意図的な振る舞いが必要なこともある。 起きていることにすべて意味があるのだとすれば、「もうこれで何もかも終わった」と悲観的な気持ちになる …

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

no image

神戸の電子出版、電子書籍に新しい風を吹かせたい

詳細は後日前川企画印刷公式ブログにてメンバーから発表があるとして。 ずっとやりたかった新しい事業に取り組み始めた。企業理念である「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」。まさにこれが体現化され …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly