川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

末法思想にも似たFacebookのあれこれ。「前向き」とは。

投稿日:2017年3月24日 更新日:

Facebookを眺めていると、ふと、末法思想とはこんな風だったのではないかと考えることがある。

お釈迦様が説いた教えが世で行われ、修行をする人がいる。その人たちが去ると、次は教えが行われても外観だけが修行者に似るだけで悟る人がいない時代が来てしまう。そしてその次には人も世も最悪な時代がやってきてしまうというあれだ。

知識やテクニック、精神世界、心の構え方、それっぽいカタカナだけが並ぶようになってしまい、それを経験した人よりも、それを売るだけの人が評価される時代となっていくのは、空っぽの箱だけが売買されているような危機感を覚えてしまう。だから僕は頑なに、自分のやっていることを「ビジネス」とは呼ばず「商売」と呼び、「お客さん」のことは「クライアント」とは呼ばない。大きな時代の流れに翻弄されてしまわないよう、言葉の定義で自分の立ち位置に楔を打ち込もうとしているのだが、何処かでは、今時、こんな頑固さは流行らないだろうな、とも考えたりする。

価値観、考え方。人それぞれの内心の自由。否定はしないし、関与もしない。ただなんとなく、こんな風に考えているということを、まとまらないままでも文章にすれば、共感してくれる人も現れる。生きていくには、その共感してくれる何人かがいれば十分なのではないかというのが、ここ最近の僕の考え方だ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

宮ケ浜駅にて。

指宿方面を望む。

白池地獄。

食べ過ぎが、今回の旅行の最大の敗因で。

玄武洞。

やどやどー。

ひとの気持ちは変わるもの。

彼は、いつも優しい言葉を選んで話しかけてくれた。穏やかな彼の語尾に、すべてを預けることが出来た。 そんなある日、彼の態度が突然変わった。 優しい彼が大好きだった、のに。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly