川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

後出しジャンケンをしてくる人からストレスを軽減するための、僕なりの方法

投稿日:2017年6月10日 更新日:

世の中は後出しジャンケンに満ちている。

えぇぇ、いま、言いますか。今さら、言ってきますか。「おつかれさま」よりも「ありがとう」よりも前に、「これ、どういう意図でこんな風にしたの?」なんて、このタイミングで、しかもみんなの聞いている場所で言ってきちゃいますか。えぇぇ、そうですか、そうなんですね。くてー。

ありとあらゆる回避策を企てても、後出しジャンケンは時々やってきて、僕を疲弊させる。どうしようもない。だったらもう、後出しジャンケンがあることを前提にして「皆さん、いいですかー。僕はいまから、あんなことを考えて、こんな風にしますからね。今ならまだ間に合いますからね。言ってくださいね」と宣言してしまうことだけが、唯一、自分のストレスを軽減させる方法なのだと割り切るようにした。あらかじめ、皆の前で宣言をしておけば、誰かの後出しジャンケンがあったときに、守ってくれるひとが現れる。「あれ、西端くん、ちゃんと事前に確認してたよね?」

万人に受け入れられようとすると疲れるのだ。自分には自分のやり方しかできない。自分のやり方が気に食わない人は、自然と離れていく。それでいいではないか。そのための宣言だ。「僕はこの道を行きますよ、いいですか、えぶりばで」。安寧は自分で作り出さなければ。

「後出しジャンケンお化け」は「いや、聞いてないよお化け」になることもあるが、僕はお化けを退治するために生きているわけでない。子どものころから、夜が来ると怖かった。お化けがやってきそうで怖かったのだ。子どものころから苦手だったお化けが、大人になったから克服できるとは限らない。お化けにはそう、「布団をかぶって見ないふりをする」のが一番だ。どうだ、どうだ、これが僕だぞ、お化けどもめ。わーい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

マイスヌーピーコレクション

@三宮 大阪よりはやっぱり神戸が落ち着きます。

no image

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなので …

no image

父を見送る日の朝も歯磨きをした ~習慣とは、継続とは

少しだけやってみて「もう分かった」という気になってその場を去っていくのではなく、「まだ分からないから」と試行錯誤を継続する。この「もう」と「まだ」の差は大きい。 — 西端康孝 / 川柳家・ …

no image

吹奏楽部vs卓球部。正論っぽい雰囲気で場をまとめていく難しさ。

頼まれてもいないのに自ら意見を伝えたのならばともかく、「意見を聞かせてください」と言われたのだから、思うところを伝えた。すると彼は、上手にラリーを続ける卓球選手のように、僕の意見のすべてに反論を述べて …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly