川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

後出しジャンケンをしてくる人からストレスを軽減するための、僕なりの方法

投稿日:2017年6月10日 更新日:

世の中は後出しジャンケンに満ちている。

えぇぇ、いま、言いますか。今さら、言ってきますか。「おつかれさま」よりも「ありがとう」よりも前に、「これ、どういう意図でこんな風にしたの?」なんて、このタイミングで、しかもみんなの聞いている場所で言ってきちゃいますか。えぇぇ、そうですか、そうなんですね。くてー。

ありとあらゆる回避策を企てても、後出しジャンケンは時々やってきて、僕を疲弊させる。どうしようもない。だったらもう、後出しジャンケンがあることを前提にして「皆さん、いいですかー。僕はいまから、あんなことを考えて、こんな風にしますからね。今ならまだ間に合いますからね。言ってくださいね」と宣言してしまうことだけが、唯一、自分のストレスを軽減させる方法なのだと割り切るようにした。あらかじめ、皆の前で宣言をしておけば、誰かの後出しジャンケンがあったときに、守ってくれるひとが現れる。「あれ、西端くん、ちゃんと事前に確認してたよね?」

万人に受け入れられようとすると疲れるのだ。自分には自分のやり方しかできない。自分のやり方が気に食わない人は、自然と離れていく。それでいいではないか。そのための宣言だ。「僕はこの道を行きますよ、いいですか、えぶりばで」。安寧は自分で作り出さなければ。

「後出しジャンケンお化け」は「いや、聞いてないよお化け」になることもあるが、僕はお化けを退治するために生きているわけでない。子どものころから、夜が来ると怖かった。お化けがやってきそうで怖かったのだ。子どものころから苦手だったお化けが、大人になったから克服できるとは限らない。お化けにはそう、「布団をかぶって見ないふりをする」のが一番だ。どうだ、どうだ、これが僕だぞ、お化けどもめ。わーい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

愛車と過ごした7年とお別れの一日と

7年間走り続けてくれた愛車とお別れしてきた。 12万5千キロ。この距離の半分以上はお叱りとご指導をいただくためのものだった。残りの距離は、それでもチャンスを与えてくださる方々の心を想うためのものだった …

北近畿の旅。

のんびりしてまいります。

JR須磨海浜公園駅前で食べるメロンパン、心ある接客 〜想いある差別化、デイリーヤマザキにて

JR須磨海浜公園駅は出来たばかりの駅で、これまでの町並みに、これからの期待が広がり始めようとしているところ。南側には須磨水族園があって、北側には離宮公園などがある。 須磨海浜公園駅前にあるデイリーヤマ …

新しいモノマネに出逢えた、6月の夜。

フロントガラス、雫。 雨が落ちてきたのか、喋りすぎる僕の唾が飛んだのか。 そんな、新しいモノマネの出来た夜のこと。 ただいま。

no image

言葉や音符を増やしていきたいと思う、月末の、少し息苦しい風のなか

新幹線の車窓から眺めるそれぞれの生活を想像するのが大好きだ。 自分の住む町よりも都会であれば、どんな便利と娯楽が身近にあるのだろう。自分の住む町よりも田舎であれば、この環境がそこに住む人たちの心身にど …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly