川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

耳鳴りに始まる悪循環、どうなっちゃうんだろうなぁ

投稿日:2017年6月8日 更新日:

時々腰をやってしまうのだけれど、これはまだ、痛み止めで誤魔化すことができる。顎関節症も、なる前に(なってしまっても)なんとか対処できるようにはなってきた。問題は去年からずっと続く耳鳴りで、この症状が酷くなると眩暈と吐き気で何もできなくなってしまう。目の前がぐにゃりと歪んで、まっすぐなものがまっすぐでなくなる。不安定な状態で生み出したアウトプットは、納得できるレベルのものではない。こんな状態のままで仕事を続けていると、そのうち干されてしまうのではないかと不安になる。悪循環。

精密検査を受けても異常はなく、どの医者からも心因性のものであると言われる。そして周囲の人に「ストレスが原因の耳鳴りに悩んでるんですよねー」とうっかり言ってしまうと、心配され、あれやこれやと病院やお薬を薦めていただくのだが、善意のひとつひとつに対応していくことがかえってストレスになってしまってこれまた悪循環。弱いとも言えないのは苦しい(ここでは書くのだが)。

今のままではダメなのだということを突き付けられている。どうなっちゃうんだろうなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

7月危機がやってきた、ピンチはチャンスの裏返し

経営者になって10年目のスタート、7月。毎年大きなトラブルは7月に起こっているような気がする。今年はどうだろうと思っていたら、やっぱり今年もずどーーーんと来た。重たい。 [短歌]あなたなら大丈夫って言 …

no image

必要なバカとして役割を担う

同友会の納涼会で、去年と同じ、赤穂のくいどうらくさんへ。 次の世代の人たちにこの役割も譲っていくべきだなぁと考えながら、往復のバスでは司会を務める。盛り上げ役とか怒られ役は、集団のなかに必ず必要な役割 …

見送り。

おじいちゃん、いよいよかも。 再度、母を静岡へと見送りました。

書道とフラワーアレンジメントの融合。

大阪に来ています。 書道とフラワーアレンジメントの共演。川柳でも何か出来そうな気がします。

no image

波は空を、星は明日を。

学校帰りの夕暮れテトラポットの砂浜で目を閉じていると 静寂、暗闇、そして… 星空 詩の中に 自分がいるようでしたドラマの中で 何かを演じているようでした どれだけ背伸びをしても 文句を言う人は誰も居ら …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly