川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

相手が求めているのは共感だろうか、答えだろうか、いつもリアクションは同じではないだろうか

投稿日:2017年6月11日 更新日:

いま、相手が求めているのは「共感」だろうか「答え」だろうか。これを見誤ると、「チームあなたは何もわかっていない連合」に強制加入させられてしまう。「あー、なるほど」「へぇ、それでそれで?」「ふむ、で、その場面でどんな風に言ったんですか」

まずは物語がちゃんと進むように、適切な相槌を選んで話の全容を掴む。しっかりと相手に話をしてもらうと、冷静になって、案外自分の中に答えを見つけてくれるようになるものだ。そうだ、時々は大きめのリアクションもしておこう。「うわぁぁぁぁ、それはムカつきますねぇ」「うほぉぉっ、すごいですねすごいですね。それは僕だったら怒ってますね。間違いないです間違いないです」

「にしばたくん?」
「はい?」
「リアクションのパターンがいつも同じ」
「いつも同じ?」

いま、相手が求めているのは「共感」だろうか「答え」だろうか。いずれにしても、リアクションを重視してしまうと、それは簡単に見透かされてしまうということだ。相手の求めていることをちゃんと見極めなければならない。観察と想像力。僕はまだまだなのである。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

警察官と激しく喧嘩。

「またか」と言われてしまいそうですが。 今日、昼に1時間半、夜に1時間と合わせて3時間近く警察官ともめておりました。 詳細は控えますが、ひたすら「主張」で疲れた。 5人相手に自分の正当性をとことん主張 …

でっかい吉野川。

のんびり流れてます。 風がきれい。今日は咳も落ち着いています。

no image

理論は感性と感覚の統計学 〜ビジネスと商売の違い

理論は絶対で感性は曖昧で。それでも、感性という土壌があって理論への納得や共感があるのだと思うし、色の区別できる程度に水で溶いた絵の具のようなコミュニケーションの仕方を大切にしていきたい。 &mdash …

MOTHER3(マザー3)。

連休中にクリア。泣いたー。 気の強い例の女性を「わだあきこ」と命名してしまったことだけ後悔…。

岡山護国神社にて結婚式。

次は三時半から披露宴。 しばし休憩中。今日は岡山駅前の東横インに宿泊します。 ゆえに。 飲みます(^-^)/

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly