川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

主張にYESかNOが返ってくるのは幸せなことだ

投稿日:2017年10月20日 更新日:

明け方まで飯塚くんと飲む。

経営に正しいも間違いもない。お客さんや社員の満足も含めて、結果を残して会社を存続させた人が「当然」なのであり、それ以外は言わずもがななのである。一回り近く年下の彼は青臭いところもたくさんあるし頑固なところもあるのだが、それはそれで可愛らしく見えるものだ。自分もそんな風だったから応援したくなるんだろうね。

自分はこうありたい、これを貫きたいと言えば、そうじゃないとアドバイスをしてくれる人もいる。そのまま行けと言ってくれる人もいる。主張にYESかNOが返ってくるのは幸せなことだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

猛暑日のおんぶ、川沿いの鮎、夏の思い出、意地悪な太陽

「平均気温だけを見ると8月よりも7月の方が高いんですよ。お盆が過ぎたら秋の気配です」と書こうとして調べていたら、全然そんなことはなかった。8月が最強だった。 兵庫県 神戸の気温、降水量、観測所情報 嘘 …

no image

心に芽のある限り

波が落ち着いてから漕ぎ出だすのも、波の向こうの安寧を求めていま出立することも人ぞれぞれの選択。正解のないことの相談を受けると答えに悩む。背中を押してくれる人がいる間が華かもしれず、思い止まることを示唆 …

no image

200億円貰える方法。

「放射性廃棄物の捨て場所を見つけてくれたら」 しかも何百トンもの。そりゃ、そんだけのお金は貰えるんでしょう。 でも、間違いなく捕まっちゃうね。

no image

負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる

「身から出た錆」も悲劇に組み込んで自分語りをしてしまうと、取り巻きの一層目の人たちからは「痛い」と思われてしまい、やがて離れていってしまうのではないか。そうして今度は二層目の人たちが、一層目となり、や …

新しい仲間。

2号水槽にコリドラスパンダとビーシュリンプ追加。賑やかになりました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly