川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ミスはあるものとして、ミスがあってからの「即」を徹底する

投稿日:2017年10月4日 更新日:

失ったお金はいつか取り返せる。だが、一度失った信用は簡単には取り戻せない。信用という高い山を築き上げていたとしても、損なわれるのは一瞬だ。常に言う。「信用は砂の城である」。

一方で僕は言う。「人はミスをする生き物である」とも。だから、ミスは怒らない。怒りで人を支配するのは恐怖政治だ。

お客さんからの信用は失いたくない、しかし、メンバーがミスをしても怒らない。このジレンマに苦しむ。管理されることは、自分は大嫌いだ。だから、ひとを管理することは僕はしない。自主性、自立性に委ねる。たとえば何か印刷ミスをしてしまったとしたら、自分たちの判断でやり直しをその場ですぐに決めて良いということにしてある。上司に相談してから、というのでは遅い。ミスはあるもの。大切なことは、ミスがあってからの「即」という行動だ。お客さんの失望、お客さんの負の感情。それに添えるのは「即」という判断と行動だけである。

お客さんの気持ちを想像すること。その気持ちから逆算して行動をする。理屈で動くのではない。感情で動くことのできる人たちを、僕は「うちの会社の仲間」と呼ぶ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

プリントアウトして作る折り紙の「鯉のぼり」と「兜」をこどもの日にぜひ

前川企画印刷のブログではプリントアウトして何かを作ろうシリーズが大人気。もうすぐこどもの日なので、「鯉のぼり」と「兜」を無料公開中。連休中に余裕のある方はぜひお試しいただきたい。 もうすぐ『こどもの日 …

no image

野菜炒めと白いケーキと神戸の販促と 〜商売人であればこそ

野菜炒めの住宅街を抜けて、次の約束へ急ぐ。 会社をやり始めて間もない頃は色んなことを考えた。「お客さんから自分の名前で呼ばれるようになろう」「お客さんのところでお茶菓子を出してもらえるようになると楽し …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

no image

売ると選ばれるの違い ~商売は一日にして成らず

たとえばうどん屋さんが、「うちのうどんはオススメですよ」と毎日ネットに書いていたとする。 足を運んでほしくて伝え続けていたのだとしても、読んでいる側は「読まされている」のであり「売り込まれている」わけ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly