川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 業務日記

「頑張っている」をアピールするのが発信ではない、伝えたいことを相手の価値に変換することが発信なのです

投稿日:2017年12月27日 更新日:

コトバノをSSL化してみた。

簡単にいえば、情報のやりとりを暗号化してしまうので機密が守られますよーという技術のこと。SSLに対応していないサイトはこれから、検索結果でも不利な取り扱いがされることになっている。当然、お客さんに求められて、これらの対応をしていくことは僕たちの業務になっていくわけで、この周辺の知識と技術は習得しておく必要がある。

…んだけれども、くたびれた。色々と作業をしているうちに、何がどうなって、どれが原因でおかしくなっているかというのも分かるようになってくるのだけれど、これがまぁ、あっちをつぶせばこっちがおかしくなるという繋がり方をしていて、自分がいま、どこのどんな作業をしているのかということをちゃんと把握しておかねばならない。ここまで書いている自分の日本語を読んでもグダグダしている感じがよくわかる。くたびれた。年末の忙しい時期に、なぜこの忙しい時期にこの作業に着手してしまったのか。

ただ、一方で思う。こうして、色々なトラブルに見舞われるということは、やっぱりこれは「大変な作業」なのだ。とてもじゃないが、詳しくはない人たちにこの作業を任せるわけにはいかない。そういう意味では、自分の環境で経験値を積めたというのは有意義なことだ(と思いたい)。

前川企画印刷では、【本気で伝える、伝わる】のお手伝いをしていく。ブログで発信、SNSでブランディング。「頑張ってる」アピールをすることが発信ではない。自分の伝えたいことを、相手の価値に変換することが発信である。表現力、心理学、技術力、そしてギャップ。これらの要素が上手に組み合わさって、相手にはようやく、自分の気配や雰囲気がほんのすこしだけ伝わるようになるのだ。基本は継続。どんな手法も、継続というベースへの掛け算で意味を成す。僕たちはそのペースメーカーとしての役割も担っていく。

Google

Google

-ブログ論, 業務日記

執筆者:

関連記事

手間の見える化!ニュースレターを作るなら製本を工夫して「うはぁこれ、面白いやん!」と言われるものを!

神戸で一番犬の好きな印刷屋という看板を掲げているにもかかわらず、相変わらずうちのメンバーは猫路線を貫いてきます。強気です。 今日は自由で楽しい出版物、ZINEを作ってみようという記事を紹介します。 Z …

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、 …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

クライアントという言葉を「お客さん」と言い換える効果

零細企業や小さなお店の方を対象とした講演会。コンサルの方の話を聞いた人のひと言が全てだなぁと感じた。「カタカナばかりで、病名かと思いました」 ▼ 「クライアント」という言葉を使えば、途端に「してやって …

no image

プロセスを評価するということ、「カタチ」には「内側がある」ということ、信頼とは何か

上司、上の立場の人間は、下の人間の提案を一度承服したら、その責任を負わなければならない。だから上は報告を求める。下は報告をすることで、自分一人の責任から逃れることができる。僕はそう考えているので、「仕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly