川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「音」の出るものの配置で考える「後厄」の僕の一年

投稿日:

2017年、僕はいわゆる「本厄」の一年でした。

それでも、前半はとても素敵な時間を過ごすことができたのです。たくさんのチャンスをもらいました。違和感のあった人たちと距離を置くこともできました。心をどんな風におけばチャンスの風は吹いてくるのかということを実感する、そんな半年間だったのです。

しかし6月30日の夜から、流れは一気に悪くなりました。人間関係もうまくいかず、体調も崩しました。貧血、インフルエンザ、めばちこ、神経痛、骨折、耳鳴り、難聴、眼精疲労、不眠症、自律神経失調症。なかでもろっ骨の骨折はずっと続き、(正確に数えたわけではありませんが)3回も折ってしまいました。ちなみに折れた状態は今なお続き、2018年1月13日現在、胸にはまだ、痛みが残ります(治ったら折るの繰り返しで、春までには4回目をやるような気がします)。

そこで、「気」のことを考えてみました。

「音の出るもの」の配置で気が活性化されるというのは面白いなぁと思います。うちは玄関が西向きにありますので、南西の方角に音の出るものを置けば良いのでしょうか。ドラムでも買ってきましょうか、それとも銅鑼でも置いてみましょうか。

激しく打ち鳴らすビート、残響。もはや肋骨の砕け散ってしまうくらいになれば、痛みを感じることもないでしょう。昇天です、いや、笑点でしょうか。あぁすいません、膝が冷えますので、せめて座布団の一枚は残しておいてもらわないと。

……。

後厄の一年です。
見えないものに「気」を向けられるこそ、見えるものにも配慮ができるというもの。

慢心せず、謙虚な気持ちで、穏やかな一年を過ごしていきたいと思います。
健康であればこそ、生きていればこそ、の、ここからです。

さて、見えないものも、見えるものも、僕の一部。大切に大切にやっていきましょう。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

月の裏側にて。

満月の裏側に何かがあるとしても、満月を見上げる人たちにそんな想像を迫るほうが無理がある。価値観や考え方の多様性は許容するべきだし、いまは自分の旗を振ることはしない。ただ、自分も同様に尊重されることだけ …

もうすぐネットが使えなくなります。

おはようございます。 引っ越しは30日ですが、電話は今日、新居に移します。→年末年始は、兵庫県警からの通達で、電話工事したら駄目なんだそうで。 この家からネット接続するのも、あと数分。 あと1週間ほど …

やまのぼりっ。

汗をかきつつ。

福島第一原子力発電所で働く人たち「いちえふ」を読んだ/「書き出す」作業の効用について

東日本大震災後の福島第一原子力発電所で働く人たちの様子を伝える漫画いちえふ福島第一原子力発電所労働記(1)を読んだ。 何が正しくて誤っているのかはわからない。ただ、情報を鵜呑みにして組み合わされたパズ …

no image

重たいあたまの眺めた朝は。

また床で寝てしまって身体の痛い。今週は寝室に上がることが少なかった。 寝る直前までパソコンに向かい合う毎日… と書けばバリバリ仕事をしていそうだけれど、実は(実現しようと思っていることが)自分の頭には …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly