川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった。

投稿日:2018年1月21日 更新日:

社会の仕組み、構造上の意味合いでの少数派意見(マイノリティ)になってしまうことがあります。

大多数と比較して、数の少なさは色々と不利になってしまいます。叶うならば、大多数の方にいて、もたれて、まぎれて、本流に乗せていってもらう方が楽なのかもしれません。実際、そんな選択の仕方をすることだってあります。卑怯かもしれません。楽をしたいときだってあるのです。

ただ、どうしても、譲れないこともあります。どれだけお世話になった人が「あちら」で、どれだけの多数が「あちら」であったとしても、僕は「こちら」でありたいと思うことがあるのです。誰が何と言おうと「こちら」。頑固です。そして何より「孤独」です。少数の味方をすることは疲れます。だから、離れていく人だっています。結果この場所は寒く冷たくなっていくのです。それが少数たちの居場所です。

99に対しての1。勝ちたいわけではありません、ただ、譲れないだけです。

それでも、僕は断固として「1」であることを主張します。言葉に温度をのせて伝えつづけます。変えたいと思って言うのではありません。こういう意見や考え方もあるのだぞ、と思って、旗を振るのです。するとどうでしょう。1を繰り返し繰り返し、なぞるようにして伝え続けると、ある日ある時、1は2になるのです。正確には、最初から2になるはずだったもうひとつの1が、実は自分もそうだったんだ、とそばに寄ってきてくれるようになります。言葉にしてよかったな、と報われる瞬間です。たったの1。けれど、複数になったエネルギーは強いのです。だから僕は、伝え続けることの重要性を説きます。

世の中を変えることには、大きなチカラがいります。でも、どんな始まりも、最初は「個」で、まずはそれを「複数」にすることからです。個を複数にするには、言葉です。新約聖書にも、そういえばこんな一節がありますね。

「はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった」

伝えることを止めてはならない。言葉にすることを臆してはならない。
大多数が正しいと決めるのではなく、自分が自分らしくあるためには、言葉を何度も何度も重ねてほしいと願います。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

梅田茶屋町周辺。

帰りを急ぐ人、今からを楽しむ人。 新しさと旧さの町並みの中で。いろんな人の思惑と呼吸。

no image

母に贈った韓国旅行。

「お母さんのことを、頼むぞ」 ひろ兄ちゃんとの約束です。だから、ひろ兄ちゃんが亡くなってから、涙をこぼしてばかりいる母とは、出来るだけ、そのことを思い出さないような会話を選んできました。 気晴らしにな …

no image

勇気のストーリーにしたい、闘病記。

週末、お客さんであるお医者さんに食事に誘われる。 本来こちらが接待する立場であるに関わらず、遠慮なくおごられてしまう自分、そして、そう甘えきってる自分も大好き。可愛がられるということも一つの技術だよ。 …

ねむたさの中で。

更新とメールの返信が完全に滞っております。いかんせん、時間的&精神的余裕がなく、どうかご理解いただきたく。 携帯のメールでやりとりするような、「ライトな内容」であれば、できるだけ早くお返事するようにし …

no image

ブログを継続することによって、「自分の場」は踏み固められてきた

自分の通ってきた道だから「そこには落とし穴があるよ」と言ってあげることができる。でもそれを、求められもいないのに教えたら「お前に何が分かる」と言われてしまうだろうし、穴に落ちてしまった人に(実はわかっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly