川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石で暮らす子どもたちに地元の花火大会を見せてやりたい ~明石花火大会の再開を望む

投稿日:2018年1月29日 更新日:

群衆事故で200名以上もの死傷者を出した明石の花火大会歩道橋事故。この事故は2001年の7月に発生しました。

今もなお、心身の傷、後遺症で悩まれている御遺族や怪我をされた方の心情もありますので簡単には言えないことなのですが、僕はそろそろ、地元での花火大会を復活してほしいと願っています。花火大会は夏の象徴。事故のあとに生まれた子どもたちは、地元明石での夏の光景を知らないまま17年の時間を過ごしてきたことになります。子どもたちの描く夏の絵日記には、やはり、明石の海の上に大輪が咲いていてほしいと思うのですが、実現は難しいでしょうか。

この機運を高めていくことを行政や地元の経済団体に期待するのは酷だろうな、という気もしています。未来を担う子どもたちに地元での花火大会を見せてやりたいという一般市民からの働きかけがなければ反発もあることでしょう。安全対策へのリスクもあります。行政が主体となってリスクを取りにいくというのも現実的には厳しい話なのでしょう。

それでも、花火は、僕たち日本人の心象風景のひとつ。幼かったころ、父と母の手に引かれて、屋台で色々な食べ物を買ってもらいながら見上げた情景は、いまでも僕の心に鮮明です。文化としての花火を、優しさを育むという意味での花火を、いまの時代の子どもたちにも見せてやりたいなぁと思います。

自分に何ができるでしょう。
誰にどんな風に働きかけていけば良いのでしょう。

何も分かってはいませんが、こうして声に出してみると、この旗に共感してくださる方が現れるかもしれません。個を、まずは集団へ。少しずつ声を大きくしていく「何か」「誰か」と出逢っていくことができればな、という風に考えています。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

月刊川柳マガジン。

今月も2つ佳作で選ばれていました。 次の締切も間近。今月は総合誌以外にも投稿してるので、締切に追われています。

no image

午前3時半。

面会できた、意識はまだか。

僕の流行語は間違いなく君だったんだ。

ポニョー。久々のジョギングだね。 長袖のジャージ。 温暖な瀬戸内なのに、みんなが着ろって言うからさ。 脱いじゃいたいよ、なにもかも。 でも、捕まりたくはないんだ。

コリドラスの赤ちゃん。

3号水槽に隔離しておいたコリドラスの卵。 さきほど、無事誕生。 元気に泳いでます。

no image

5匹の愛犬たちに会いに行ってきた。

5匹の愛犬たちに会いに行ってきた。 骨を預かってもらっている霊園には、ほかにもたくさんの動物たちが眠っている。すぐ隣の骨壺には、サンタクロースの小さな帽子がかぶせられていて(それが宗教的になんらかの不 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly