川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「反省しています」「次からは気を付けます」という言葉を信用しない理由について

投稿日:2018年1月28日 更新日:

誰かを傷付けてしまった、不愉快な思いをさせてしまった、ご迷惑をおかけしてしまった。

うちの会社は、ずっと、そんなことを繰り返し続けています。メンバーからは、マイナスの出来事があるたび、「反省します」「次からは気を付けます」という台詞を聞くのですが、僕はそれらの言葉を信用することはありません。本当の反省とは、次回からはどんな風に具体的な行動をするのか決めることです。表面的な言葉だけでは、ご迷惑をおかけしてしまった相手の気持ちに触れることはできません。

今までも何度もブログで書いてきましたが、僕は、失敗は怒りません。失敗は当然、あるものだと思っています。大切なことは、その失敗があって、次にどうするのか、ということだと思うのです。その経験と改善こそがチャンスであり成長。結果的に、お客様からの信頼を得ることに繋がり、自分たちの幸せにつながります。

それが正しいのかどうかは知りません。でも、僕はそれを、うちの会社の根底に流れる当然の意識として自覚していてほしいと考えています。失敗しない会社よりも、失敗の次に成長のできる会社。具体的な行動の決められる会社。

もちろん。それが浸透しないのは、リーダーである自分の責任。まさに「不徳の致すところ」なのです。

たくさん失敗してほしいな、と思います。経営者は何度だって頭を下げます。そうして、その失敗を重ね、許された先にあるところで、自分たちの幸福と、自分たちが「与えられている」のだということに気付く、そんな人生を歩んでほしいと願います。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること

先日ブランディングに関する講演をしてほしいと依頼を受けた。 ブランドや企業の価値なんてものはお客様が決めるものだと思っているし、意図して創り出そうとする虚像は打算的で下心が見え隠れする。芯を決めて誠実 …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ

ここ数年よく使うようになった言葉に「優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ」というものがある。 こうしてあげた方が良いだろうと思って、なにかをして「あげる」。すると相手はそれを「もらう」ことが当たり前 …

ミスは叱らない、約束は破ったら怒る

誰もいないと思って熱唱していると、テトラポッドの陰で釣り人が聞いてくれている夜の大蔵海岸。 「ミスは叱らない、約束を破ったら怒る」- 小さくても組織。リーダーとして、いつもその線は意識し続けている。も …

no image

プレッシャーは人を弱くする凶器でもあり、人を強くする養分でもある ~期待値のコントロール

プロ野球ソフトバンクホークスの秋山監督が、リーグ優勝を決めたにも関わらず辞任することになった。  「2軍監督、1軍のコーチ、そして監督として6年。ちょうど10年間やった中で、自分の中で区切りをつけたい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)