川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「反省しています」「次からは気を付けます」という言葉を信用しない理由について

投稿日:2018年1月28日 更新日:

誰かを傷付けてしまった、不愉快な思いをさせてしまった、ご迷惑をおかけしてしまった。

うちの会社は、ずっと、そんなことを繰り返し続けています。メンバーからは、マイナスの出来事があるたび、「反省します」「次からは気を付けます」という台詞を聞くのですが、僕はそれらの言葉を信用することはありません。本当の反省とは、次回からはどんな風に具体的な行動をするのか決めることです。表面的な言葉だけでは、ご迷惑をおかけしてしまった相手の気持ちに触れることはできません。

今までも何度もブログで書いてきましたが、僕は、失敗は怒りません。失敗は当然、あるものだと思っています。大切なことは、その失敗があって、次にどうするのか、ということだと思うのです。その経験と改善こそがチャンスであり成長。結果的に、お客様からの信頼を得ることに繋がり、自分たちの幸せにつながります。

それが正しいのかどうかは知りません。でも、僕はそれを、うちの会社の根底に流れる当然の意識として自覚していてほしいと考えています。失敗しない会社よりも、失敗の次に成長のできる会社。具体的な行動の決められる会社。

もちろん。それが浸透しないのは、リーダーである自分の責任。まさに「不徳の致すところ」なのです。

たくさん失敗してほしいな、と思います。経営者は何度だって頭を下げます。そうして、その失敗を重ね、許された先にあるところで、自分たちの幸福と、自分たちが「与えられている」のだということに気付く、そんな人生を歩んでほしいと願います。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

神戸鈴蘭台、歯の白さと元気を約束してくれる素敵な歯科とは。

「あなたの嫌いなものは?」 一位の座を譲ることなく、30年間に渡って回答し続けてきたのは「歯医者」なのでありました。 ドアを開けば、「からんころんからん」。 流れるクラシック。遠くから聞こえるバキュー …

no image

野菜炒めと白いケーキと神戸の販促と 〜商売人であればこそ

野菜炒めの住宅街を抜けて、次の約束へ急ぐ。 会社をやり始めて間もない頃は色んなことを考えた。「お客さんから自分の名前で呼ばれるようになろう」「お客さんのところでお茶菓子を出してもらえるようになると楽し …

no image

2行で伝える季節と景色。

雨で蒸して、太陽には焦がされる。暑い毎日が続いていて、気持ちのいい風が待ち遠しいところ。 今年もそろそろかな、と思っていたら、「ぼちぼち」でした。 暑中見舞いの制作のご依頼。 大阪のある料理店様から。 …

no image

自慢と自虐 ~「しゅっ」よりも「どてっ」と

【速報】弊社社員、Googleで「嘘っぽい笑顔」と画像検索すると、最上位に表示されることが判明。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年6月9日 伝えているつもりで伝わ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)