川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石で暮らす子どもたちに地元の花火大会を見せてやりたい ~明石花火大会の再開を望む

投稿日:2018年1月29日 更新日:

群衆事故で200名以上もの死傷者を出した明石の花火大会歩道橋事故。この事故は2001年の7月に発生しました。

今もなお、心身の傷、後遺症で悩まれている御遺族や怪我をされた方の心情もありますので簡単には言えないことなのですが、僕はそろそろ、地元での花火大会を復活してほしいと願っています。花火大会は夏の象徴。事故のあとに生まれた子どもたちは、地元明石での夏の光景を知らないまま17年の時間を過ごしてきたことになります。子どもたちの描く夏の絵日記には、やはり、明石の海の上に大輪が咲いていてほしいと思うのですが、実現は難しいでしょうか。

この機運を高めていくことを行政や地元の経済団体に期待するのは酷だろうな、という気もしています。未来を担う子どもたちに地元での花火大会を見せてやりたいという一般市民からの働きかけがなければ反発もあることでしょう。安全対策へのリスクもあります。行政が主体となってリスクを取りにいくというのも現実的には厳しい話なのでしょう。

それでも、花火は、僕たち日本人の心象風景のひとつ。幼かったころ、父と母の手に引かれて、屋台で色々な食べ物を買ってもらいながら見上げた情景は、いまでも僕の心に鮮明です。文化としての花火を、優しさを育むという意味での花火を、いまの時代の子どもたちにも見せてやりたいなぁと思います。

自分に何ができるでしょう。
誰にどんな風に働きかけていけば良いのでしょう。

何も分かってはいませんが、こうして声に出してみると、この旗に共感してくださる方が現れるかもしれません。個を、まずは集団へ。少しずつ声を大きくしていく「何か」「誰か」と出逢っていくことができればな、という風に考えています。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

雰囲気をもて、説得力のある背中を磨け。

すこし、嫌われるくらいで丁度いいのかな、と思った。立ち回り方が難しい。 にんげんって、わかりやすさに答えがあるようでいて、ちがう。 やっぱり、背中を見られているのだ。背中にこそ、答えがあるのだ。 そこ …

no image

聴力を失った日

最後に曲を作ったのはいつだったろうと思い出しながら、無性に鍵盤に向き合いたい衝動にかられている。現実にはそんな時間はまるでなくて、理想とのギャップがただただ切ない。ストレスからくる耳鳴りは、とうとう、 …

no image

ボロボロになったパンツをはいて、僕たちは冒険を忘れていく

誕生日、41歳になった、とうとうこの人と同じ年齢である。これでいいんだろうか、これでいいのだ。 子どもの頃に想像した40歳は、もっと大人で、自分のことを「僕」と呼ぶような僕からはとっくに卒業しているも …

あの日の僕等 / 松山千春 ~見上げた空は青く貧しさも将来も気にせずにいられた

松山千春さんの新曲あの日の僕等を聴く。 CHAGE&ASKAは僕にとって宗教、松山千春さんは僕にとって哲学と信条である。 春と秋のコンサートに通い続けて、もう20年近くになる。歌声や詞の内容 …

no image

大掃除という現実から逃げたい活字中毒。

一応、仕事納め。 なんだかんだとバタバタ。朝から始める予定だった大掃除も、2時ごろから始めることになった。 印刷という仕事の関係上、お客様の個人情報を取り扱うことが多い。 業者さんには任せず、ゴミは直 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)