川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

日焼けした皮が剥がれていくような。

投稿日:

この広き空のした。

笑っている人もいる、泣いている人もいる。
明日に希望を持つ人もいる、昨日に悔いを残している人もいる。

自分の心を空に浮かべて。

ひとつふたつ、笑えるものを紐解いてみたり。
みっつよつ、悲しいものを閉じこめてみたり。

しながら、しながら。

秋だなぁと呟いてみる。

いつか、刺す痛みから包む優しさへと変化して、太陽。

背中から、ぽかぽか。

長くなる影。

どこへ向かっても、秋はそこに存在して、進むのを止めない。
やがてやってくる寒さを予感させては、心に刺さる。

日焼けした皮が剥がれていくような、そんな淋しさを覚え。

まだ夏が終わってほしくないと思ったのは、生まれて初めてだった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕が鳩サブレーを食べたくなった理由 ~命名権をあえて使わないで地域に応える社会貢献

▼命名権買ったけど やはり昔からの名前で NHKニュース 商売は売るのではなく、選ばれることだと思っている。売りの色を消すこと、語るよりも先に聞くこと。相手に興味を持つこと、お客さんのお客さんを想像す …

no image

僕の自信はまだまだ来ない。

このブログは「名刺」に付随するキーワードで検索されることが多かったのだけれど、昨日は「イチロー カツ丼」での検索が伸びていた。イチロー選手の日米通算四千安打達成に伴って、そんなエピソードでも紹介された …

no image

にんげんとにんげん以外の生き物。

車道に横たわる命。 伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。 反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、 …

no image

鼻で笑っただろうな、そして僕は、横で怒ってる。

商売人だった父に、商売のことを語る。 命日、仏壇前は励まされ、立ち位置を確かめる場所。たくさん泣いた。 3年経っても、まだ、こんなに逢いたい自分がいた。 父の生きた、神戸を歩く。 街は、どんどん表情を …

no image

星野監督の訃報 ~周囲に優しく、本人に厳しい、見習いたかったリーダーシップ

人生で一番野球を見たのは、星野さんが阪神の監督だったときで、明石出身の藤本選手が恐怖の8番打者として活躍していたころでした。 星野仙一取締役副会長永眠に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス 星野仙一取 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly