業務日記

情熱を絶やさぬ、夢を声に出して。

とてもとても大きな企業ならばまだともかく。

うちのような小さな会社で、社長だからとか、社員だからとか、
そんなことで、生活の質が大きく変わるのはどうかと思うのです。

だから、働いている人が、生活のことで、みじめな思いをしないでいいように、
出来得る限りの福利厚生と待遇は、考えていくつもりです。

最近。

制作のHさんは、ある「大きな買い物」をしました。

今、社長である自分にとって、そのことは一番嬉しいことかもしれません。

しっかり働いて、給料を得て、それ相応の生活をしていくこと… そのための
経営指針をもって、社員の生活の質の向上を図っていくのは、舵をとる人間の
大切な使命です。

そして、経営の安定と社員への還元という一番いいポイントを意識しながら、
これからも、上手に経営計画を立てていきたい。

日々勉強、そして、色々なところからエネルギーを得ながら。

会社のため、会社を通じてみるお客様のため、一生懸命お役に立っていきたい
ものです。

さて、さて。

秋に入社予定のNくん。

夢や目標は、しっかりと「声に出して」いくように。
損得よりも先に、誰かの役に立ちたいという気持ちで仕事に取り組めば、必ず
その夢を実現するためのパワーが得られます。

うちの会社では、社長から

 「いま、どんな夢がある?」
 「欲しいもの、何だ?」

と、突然質問されることがあります。

夢というエネルギーがなければ、毎日を情熱的に取り組むことは出来ないし、
お客様からも、熱意のない人間だと思われてしまいます。

決して、そんなことにならぬよう、いつでも、この質問には具体的に答えられる
ようにしておくように。

これからも、入社前研修は続きますが、息切れせず、頑張ってください。

期待してます、一緒に成長していきましょう。