雑記

テレビの必要性 -時間をもっと有効に活用するために –

ある友人の家にはテレビがなかった。

テレビがなくて、何が楽しいんだろうと不思議に思ったものだが
その家族は、和気藹々といつも笑顔が絶えない生活を送っていた。

その日あったこと、思ったこと。

いろんな景色を伝え合うその家族は、自分にとって本当に理想そのものだった。

いま。

家人が、テレビのスイッチをいれると、ふぅっとため息が出てしまう。
食事をしながらテレビをみる。

なんだか、そんなことしか「共通」がないのって、あまりに悲しすぎるではないか。

与えられる「情報」ではなく、もっとそれぞれの「情景」が、この食卓の上を行き来する
ようであれば・・・。

そんなことを考えながら、適当な作り笑いで時間を過ごすことが増えてきている。

テレビって、いるかなぁ。
僕はとっても重大なミスを犯しているような、そんな焦燥にかられることがある。

テレビの電源をオンにしない、いつかその日のために。

会話の材料をストックしておける、そんな自分でありたいものだ。