川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

終電も出たので、駅構内から出て行って貰っていいでしょうか。

投稿日:

Bブロック会終了後の懇親会でいただいた由良ウニ。

んまー。
これ、ほんとにおいしかったぁ!

洗面器いっぱいに、独占して食べてみたい!

感動の美味しさでした。 白い御飯にぶっかけて食べてみたいといった人の気持ちが
よーくわかります。

明石に帰ってから、岩井さんと2人で居酒屋「鳴門」へ。

今日在る岩井寿商店を岩井寿商店にしたらしめたと言っても過言ではない、こちらのお店。
地酒の情報が全て集まってくるお店です。

お酒に熱い岩井さんとマスターの貴重な2ショット。
明石と酒について、この2人の存在なしには語ることはできません。

酒を愛しぬく男闘呼たちの熱い語り。

いつもとは違う真剣な表情に、涙が出そうなほど感動

えー。

えー、えー?

なにこの、「blogでつかって」的写真。

彼はこのあと(翌日)、また色々と「オモロー」なことがあったようですが、詳細について
まずは前編からお楽しみください。

明石の上島竜平だと思います。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

台風接近、たい焼きを食べて待つ未来。

この数日の鼻と目のむず痒さに爆発しそう。ブタクサなのか、ヨモギなのか、関係ないけど今日はたい焼き3つも食べた。 いらいら、いらいら。 連休の初日に洗濯機(三洋電機AQUA AWD-AQ3000)が届い …

滋賀のお客様からいただいたお土産と、自分という人間に時間を割いていただける感謝と

滋賀からのお客様をお迎えしての会食。「滋賀」からのお客様のお土産。「滋賀」からの…。 今回は神戸、次回は滋賀と、お互いのホームグラウンドで交互に会食をするようになって久しい。食事に誘っていただけるのは …

藍住町歴史館、藍の館。

藍染体験中。 なかなかの出来栄え。

恋ごころが女の人生を変える。

時実新子著。 読書の秋の始まりに手にしたわりには、 主体となり、客体として、考えさせられる記述が多いです。 きっと男とて。

no image

弱い弱いひとりの人間であることを認め合って。

商業界の人間が利己的に関与しすぎる姿は、観光客を呼び込んで、ハイエナのように食い尽くしていく姿にも思える。「異国情緒ある町」「なんとなくオシャレな町」というイメージがいけないのではなく、地域経済発展と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)