雑記

朝の音が聞こえるまで。

関西独立リーグのゴタゴタが続く。

練習時間を短縮して、各選手がファン獲得運動をしてはどうか、なんて馬鹿げた提案を
するオーナーがいるようでは、先は厳しい。

今後、現実的にリーグが存続することも、支持されることも難しいだろうけれど、
純粋に野球人として「プロ」を目指した人たちの人生に対して、責任とけじめはしっかり
つけてほしい。

事務所の移転について検討したり、風評による経営への悪影響について話を聞いたり。
考えなければならないこと、考えさせられること、いろいろ。

時間が欲しくて、集中出来る真夜中の、白くなるまで。