雑記

【会話の流れを止めてしまう人に試して欲しい、答えない会話の方法】

先日、ある勉強会のテーブルで一緒になった方は、経営に関する理論に詳しく、
本当に良く勉強されている印象を受けた。

ただ、とても残念だったのは、その知識を表に出しすぎたこと。

水平な立場で議論しあうはずの時間の大半は、その人の話に終始してしまい、
反論を許す隙のない雰囲気に、不快感を抱かれた方も多かったことだろう。

知っていることを話すのではなく、知っていても、はじめて聞くような顔で
相手に相槌を打てること。

理論よりも先に、人付き合いの基本として、「相手との間(ま)」を考える
スキルはとても重要なものだ。

どう話せたか、は勿論、どんな頷き方が出来たのだろうか、ということに
重きをおいて、僕たちはお客様に接するようにしている。

正論よりも共感。

サービス業の基本だと思う。

経営者は、何かしら、自分の教科書を持っている。
影響を受けた理論、人物。

それを聞き出すことが出来れば、次のフローチャートは自然と見えてくる。

だから、知っている必要があるし、
だから、知らない振りをして、聞いてみる我慢も必要。

会話のキャッチボールがうまく出来ない人は、投げられたボールを
受け止めようとしすぎているのではないだろうか。

 「休みの日には、何をしているんですか?」
 「ドライブに出掛けたり、ショッピングに行ったりします」

と答えるのは△。

ひとは、自分の聞かれたいことを聞く性質があるのだから

 「休みの日には、何をしているんですか?」
 「ゴロゴロしてますよ。**さんこそ、どんな風にお過ごしで?」

と聞き返すのが○であると言える。

相手の心を自分の心において。

同じ大きさのボールを投げ返すこと。
いつも、そういう交流の仕方を、心掛けていきたい。