川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

神戸の前川企画印刷の中尾くんのブログ「売るのではなく選ばれる」

投稿日:

社内でもブログでも、商売に大切なことは売るのではなく選ばれることだと何度も語り続けている。

商売を真摯に取り組むのは当たり前のこと。それは差別化にはならない。とはいえ、優位であるポイントを伝えて差別化を図ろうとすると、他を蔑む問題との矛盾で苦しむことになる。だから、インプットの数だけ、アウトプットを継続する。旗を振るというのはそういうことで、継続には人を巻き込んでいく力があるのだと信じている。

引用元:商売とは選ばれること。差別化とはアウトプットを継続すること。クレーム処理で片づけないこと。 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

「経営者的思考を持て」と言われたところで、立場が違えば容易なことではない。ただ、どんな職業もサービス業であるとすれば、商売の本質を自分なりに考えていくことは誰にでも出来るし、誰だってやらなければならないことだ。時間の切り売りという意識から脱却できず、いつまでも会社や世界の世界にしていてはひとを幸せにすることはできない。

僕は経営者として、今まで甘えと依存を許していたのだと思う。そうすることが経営者としての責任だと考えていた。

ただそれは優しさに見える残酷だったと考えを改めるようになる。失敗して成長できるチャンスを何度も与えることは経営者の仕事だと思うものの、動こうとしない成長しようとしない怠惰な姿勢には厳しさも持たなければならない。挑戦した人間が成長して、それに報いる仕組みと制度を採用していく。経営者として10年目を迎えた僕の、大きなテーマの一つになっている。

営業ツール お客さんに笑顔を。売りのないレターが共感と信頼に繋がっていく。 | さるの独り言

うちの会社の中尾くんがセミナーに参加して、そのアウトプットを早速ブログにアップしていた。

彼は彼なりに、どんな風に「選ばれる」人間になっていくのか。僕はそれを見守っていきたいと思うし、期待したい。彼らの本気を信じてる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

今日もたくさんのありがとうを言える一日でした。

顧問税理士である川口さん(須磨区)と食事に行ってきました。 帳簿を見ては一喜一憂…。そんな経営者にとって、税理士は、自分の経営判断が正しいかどうかを客観的に評価してくれる頼もしくも怖い(?)存在なので …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

2行で伝える季節と景色。

雨で蒸して、太陽には焦がされる。暑い毎日が続いていて、気持ちのいい風が待ち遠しいところ。 今年もそろそろかな、と思っていたら、「ぼちぼち」でした。 暑中見舞いの制作のご依頼。 大阪のある料理店様から。 …

同友会の支部例会で報告します ~知識を売るのではなく体験を売るということ、雨の日に足が臭くなるということ

8月26日に生田神社会館で、経営体験報告を行うことになりました。 10年前の2月に入社、3月に社長と大喧嘩。紆余曲折あって7月から自分が社長をやるようになって以来のサクセスストリートであれば良いのです …

「第一印象で決まる」という考え方は「第一印象で決める」という偏見に繋がる可能性もある

「忘年会には参加せず仕事を頑張る」という書き方と「忘年会にもっと呼んでもらえるように仕事を頑張らなくては」という書き方。 さて、仕事を頼むとしたらどちらの人に頼みたいですか?という質問をして回ると、す …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)